鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

平日は会社員、休日は鉄道(乗り鉄)と自転車での旅行を楽しんでいます。旅先での温泉とご当地マンホールの捕獲も楽しみ。旅行記メインのブログです。

MENU

絶景

沖縄のラグジュアリーなホテルその1 万座ビーチホテルのクラブインターコンチネンタルルームはおススメ

沖縄の景勝地、万座毛近くにたつANAとインターコンチネンタルブランドのリゾートホテルです。リニューアルされたクラブラウンジは沖縄で最もラグジュアリーだとか。せっかくなのでクラブフロアに宿泊してラウンジを楽しんでみました。

沖縄の離島を旅する。一押しは宮古ブルーが最高に美しい宮古島

鉄道の旅だけでなく飛行機の旅も好きな私は、ここ数年毎年沖縄に出かけていまして、お気に入りの旅行先の一つです。ゆったりできるリゾートホテルもあり、沖縄に行ければわざわざ海外のビーチに行かなくてもいいかも・・・とまで思うようになりました。新型…

大井川水系のスリリングなつり橋2つ。夢のつり橋と塩郷のつり橋

静岡県川根本町には夢のつり橋と塩郷のつり橋というなかなかスリリングなつり橋があります。夢のつり橋は美しい青い湖面の上を、塩郷のつり橋は川だけでなく道路や鉄道の上を渡ります。大井川鉄道と組み合わせて立ち寄ってみるのも良いと思います。

鉄道でも車でもアクセスできる絶景の奥大井湖上駅

コロナ自粛解除後も5月中は県境を越える移動は自粛ということで、静岡県内の絶景ポイントの一つ「奥大井湖上駅」をマイカーで訪ねてみました。大井川鉄道に乗車する時に今まで何度か通ったことはありますが、高台から駅を見下ろしたことはありませんでした。…

2019年の旅、思い出に残った旅BEST 3

2019年ものこりわずか。大みそかまでは旅の予定もないので、今年の旅を振り返り、私にとってのベスト3を紹介します。どれもおススメの旅先なので、来年の旅を計画されている方にも参考になると嬉しいです。

田辺朔郎氏の偉業を訪ねて。石北本線の旅その2 天幕三次郎を思いつつ北見から旭川まで

旭川と網走を結ぶ石北本線は非電化の単線の鉄路です。峠越えでは気動車のディーゼルエンジンがうなり、冬は雪の針葉樹の森の中を進む光景が北海道の鉄道旅らしさを醸し出します。田辺朔郎氏と天幕三次郎の思い出や、常紋トンネルの悲しい歴史などをご紹介し…

びわ湖疏水船で京都に向かう時のお食事・お土産・マンホールカード情報

明治維新後に衰退した京都を再生させた重要なインフラの一つ、琵琶湖疏水。疏水を船でたどる「びわ湖疏水」は川面からの景色が抜群です。疏水船乗船前後に楽しめるお食事・観光スポット・マンホールカードをご紹介します。

田辺朔郎氏の偉業を訪ねて。びわ湖疏水船で行く紅葉の京都 その2 疏水関連施設

琵琶湖疏水工事は明治初期の日本にとって、一大土木事業でした。この工事の責任者は大学を出たばかりの田辺朔郎氏。田辺氏は疏水工事を出発に、その後日本の鉄道史にも重要な役割を果たしました。田辺氏の偉業を教えてくれる周辺施設をご紹介します。

田辺朔郎氏の偉業を訪ねて。びわ湖疏水船で行く紅葉の京都 その1 絶景の船旅

明治維新とともに活気が失われていた京都を再生した琵琶湖疏水は、明治初期の日本にとって一大事業でした。この疏水を船でたどるので「びわ湖疏水船」です。今回は紅葉を見ながらの船で行く京都をご紹介します。

箱根は三島から行くのもおススメと思う。10時前の元箱根はとても静か

箱根へのアクセスは小田原側からだけでなく、三島側からのアクセスも可能です。休日でも朝は元箱根付近に人が少なく落ち着いた箱根を楽しめます。

黒部峡谷鉄道を楽しむために知っておきたい9つのこと

絶景路線としても有名な黒部峡谷鉄道に10月中旬に乗車してきました。まだ紅葉には早かったですが、黒部峡谷を存分に楽しめました。存分に楽しむために事前に知っておきたいことをまとめてみました。

「ホテル立山」の素晴らしい食事と室堂の静寂の朝を楽しもう

ホテル立山は立山黒部アルペンルートの最も標高が高い室堂に建つホテル。標高2450mの高地に建つホテル立山は素晴らしい洋食のフルコースが楽しめるとともに、翌日の朝は絶景の中を散策できるホテルです。日帰りで通り抜けることもできる立山黒部アルペンルー…

静岡県から立山黒部アルペンルートに鉄道で行く時に私が考えた5つのこと

10月になると紅葉を楽しむ旅に行きたくなる私が今年チョイスしたのは、「立山黒部アルペンルート」です。今までにも何度かルート上にある黒部ダムや大観峰には行ったことがありますが、いつもマイカーでアクセスしていたので、どこかで引き返して車まで戻る…

紅葉が素晴らしい鳴子峡と鳴子温泉を楽しむ鉄道旅

東北の紅葉の名所の一つ、鳴子峡に2018年10月末に訪れました。ちょうど紅葉の最盛期で美しい紅葉を堪能しました。たくさんの源泉と泉質を楽しめる温泉もあり、秋の鉄道旅にはもってこいの場所です。

Wi-fiも使える定期観光バスで行く絶景の積丹ブルー

特急ニセコに乗りたくて小樽に滞在しました。乗車の前日に小樽駅から乗車できる定期観光バスで積丹ブルーの絶景を見てきました。日本海に突き出た積丹半島からさらに突き出した神威岬や、日本の渚100選に選ばれた海岸など、見どころ多いコースでした。

山陰本線の観光列車「〇〇のはなし」に乗ったはなし

「〇〇のはなし」は山陰本線を走るJR西日本の観光列車。日本海に沿った非電化路線を走るので、絶景と気動車のエンジン音と振動も楽しめます。特急料金不要で乗車券+指定席で乗車可能。おもてなしも手作り感があり楽しめました。

釧路湿原のカヌーはオススメのアクティビティ。釧網線乗車の際には是非!

根室本線完全乗車旅のために釧路や根室を訪れた時に、せっかくなのでカヌーで釧路湿原を楽しみました。これが本当に素晴らしい体験だったのでご紹介します。 釧路駅にてマンホールウォッチ 釧網線で塘路駅へ 釧路湿原をカヌーで下る ノロッコ号に乗る まとめ…

四万川ダムの美しき四万ブルー。四万温泉滞在中の観光スポットとしてのダムと甌穴

群馬県の静かな温泉地、四万温泉。草津の湯畑のような観光スポットはないけれど、山間を流れる川にそって温泉宿が建つ風景はとても癒されます。そして山間の川と言ったら、やはり見どころはダム!!!(そんなの私だけ?) 四万温泉街を流れる四万川には上流に「四…

国道最高地点と鉄道最高地点を走る絶景ドライブルート

国道292号線の「志賀草津道路」上には「日本国道最高地点」という場所があります。最高とか最低とか、最南端とか、そういう場所があると行きたくなる私は是非訪れたい場所。ゴールデンウィーク中に積雪と凍結で通行止めになるというハプニングもありましたが…

御殿場線の山北駅では満開の桜とカフェランチを楽しめる

御殿場線の山北駅は見事な桜並木があり、電車と桜のコラボ写真が撮れる場所として有名です。満開の桜は滝のように線路側にしだれていてとても美しい。駅近くには古民家カフェもあり、桜の時期の散策はオススメです。

高山本線、2日に分けて完全乗車。大雪警報の中の雪見絶景路線

絶景路線の一つ、高山本線を2日間に分けて完全乗車。2日目は大雪警報が出る中での乗車でしたが、遅れもなくさすがJR。思いがけずモノトーンの雪景色を堪能できました。

大井川鉄道の絶景を楽しむ日帰り旅

私が乗り鉄を意識して初めて乗ったのが大井川鉄道です。なんせ地元静岡県の鉄道ですからね。今回は2度目の乗車です。前回乗車した時は、井川線が落石の影響で終点まで行けなかったのですが、全線開通したので、今回は終点の井川まで行ってみることにしました…

山陰本線の餘部橋梁を訪れる旅

山陰本線を代表する橋梁の一つ、餘部橋梁。初代橋梁は赤茶色に塗られた鉄骨の橋脚がズラリと並ぶ橋梁でした。突風で列車が落下という大事故もあり、現在は側壁がついたコンクリートの橋に変わりましたが、初代橋梁の橋脚が3基保存されています。高さ40mの橋…

美瑛の絶景雪景色を楽しむ旅

今回の旅の2日目は、旅の目的の1つ、美瑛の雪景色と旭山動物園を回る旅。7:40発の富良野線に乗るため旭川駅へ。駅がきれいなので見学するつもりでちょっと早めに駅に到着。 駅構内には木がたくさん使われていて、暖かい雰囲気。外気温は低いけど、こういう駅…

五能線リゾートしらかみ号に乗って十二湖を訪ねる

五能線は絶景路線のベスト5に、たいてい入ってくる路線です。鉄道旅をする人なら一度は乗ったことがある、あるいは乗りたいと思う路線でしょう。かくいう私も鉄道旅を始めてすぐに五能線に乗ってきました。なかでも「リゾートしらかみ」は絶景を楽しめるよう…