鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

主に鉄道で行く温泉を楽しみ、旅の記念にマンホールの捕獲を楽しんでいます。宿の宿泊記やマンホールカードを紹介しています。

MENU

秘湯の会の会員宿

ノーベル賞作家の川端康成氏が10年通った天城湯ヶ島温泉「湯本館」の宿泊記

「伊豆の踊子」や「雪国」の作者でノーベル文学賞を受賞された川端康成氏が10年も通っていた天城湯ヶ島温泉の老舗旅館、湯本館に宿泊したので宿泊記をまとめました。ご主人や女将さん、スタッフの方の心配りが行き届いた老舗旅館らしい温泉宿でした。

地の食材のお料理とおもてなしが素晴らしい「旅館ひのえまた」は尾瀬の前後泊におススメです

尾瀬沼への入り口、沼山峠に近い檜枝岐村にある温泉宿です。宿のご主人と女将さんの心遣いと気配りが行き届き快適に過ごせる宿で、なんといっても心のこもった手作りのお料理が素晴らしく美味しいです。尾瀬散策前後泊にぴったりの宿です。

地熱発電所近くの松川温泉「峡雲荘」で白濁の硫黄泉を楽しむ

松川温泉の峡雲荘は、八幡平の鏡沼に出現するドラゴンアイまで車で30分という近さ。ドラゴンアイを見た後にゆったりと白濁の硫黄泉を楽しみました。日本の秘湯を守る会の会員宿で、1人でも泊まれます。

自家源泉のよう素泉と川カニ料理を堪能できる、秋田県強首温泉「樅峰苑」宿泊記

秋田県にある強首温泉「樅峰苑」では、自家源泉のよう素泉の温泉と近くの川で取れる川カニや鯉の料理が素晴らしい宿です。部屋数が7室と少なく、周囲には温泉街もないので、とても静かに過ごせる秘湯の宿です。

えちごツーデーパスで新潟の秘湯の宿めぐりと絶景路線を楽しむ鉄道1人旅

平日から利用開始できるえちごツーデーパスは平日からめて旅する人にはありがたいお得な切符。この切符で新潟県内の秘湯の宿をはしごして、妙高の絶景路線も楽しんできました。もちろんマンホールカードももらいましたよ。

乳頭温泉「鶴の湯」に一人泊。人気ナンバーワンの理由がわかる素晴らしい秘湯の宿でした

2020年に泊まった宿の中で最もよかった宿が秋田県乳頭温泉にある「鶴の湯」です。秘湯の宿らしい宿のたたずまいも、お料理もそして何より温泉が素晴らしい。何度でも行きたくなる宿でした。

密を避けて温泉ひとり旅。東鳴子温泉「旅館大沼」の重曹泉を8つのお風呂で楽しむ 

東鳴子温泉の旅館大沼では自家源泉と共同源泉の2種類の泉質を楽しめます。部屋数は30室以下ですが、無料の貸切風呂が複数あり、1人でじっくりお湯を楽しめる宿です。

7室しかないのに貸切露天風呂が2つもある伊豆船原温泉「山あいの宿 うえだ」で自粛明けの温泉を楽しむ

伊豆の船原温泉にある「山あいの宿 うえだ」は日本の秘湯を守る会の会員宿です。部屋数7室と少ないのに、お風呂がたくさんあり、大露天風呂は貸し切りも可能。一人でも泊まることができます。

秘湯の会の宿「鷹の巣館」。30分の激坂プチ登山の後に極上の湯を楽しむ

新潟県にある日本秘湯の会の宿「鷹の巣館」は、ほんのり硫黄の香がする源泉かけ流しの温泉がとっても素晴らしい宿です。宿近くの鷹ノ巣山は標高約100mで周辺散策のコースにも紹介されていましたが、想定外の激坂で参りました。でも山頂からの眺めは良かった…

伊豆の踊子の宿「福田家」は貸切温泉を楽しめ、料理も美味しく、満足度がとても高い老舗宿。

「伊豆の踊子」の作者、川端康成が宿泊し、「伊豆の踊子」の舞台にもなった「福田家」は明治の創業時代からの「榧風呂」も貸しきりで楽しめる。料理も美味しく、無駄のない、けれど行き届いたサービスの「福田家」をご紹介。日本日藤を守る会のお宿でもあり…

ほくほく線で行く松之山温泉 秘湯の会の宿「凌雲閣」は塩分が濃い特徴あるお湯。駅でマンホールカードも!

日本三大薬湯の一つ、新潟県の松之山温泉にある凌雲閣の宿泊記です。木造3階建ての本館は登録有形文化財。また日本の秘湯を守る会の会員宿で、かつ日本文化遺産を守る会の会員宿でもあります。塩分の濃い温泉に入ると、体がいつまでもポカポカ。特徴あるとて…