鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

主に鉄道で行く温泉を楽しみ、旅の記念にマンホールの捕獲を楽しんでいます。宿の宿泊記やマンホールカードを紹介しています。

MENU

ガイドさんの価値を実感した初めての尾瀬

「夏の思い出」の歌に登場する尾瀬。私はまだ行ったことがなく、思い出になっていなかったのですが、ようやく訪れることができました。初めての尾瀬ということもあり、プライベートのガイドさんをお願いしました。費用はかかりますが、お値段以上の価値があり、ガイドさんのありがたさをものすごく実感できた旅でした。

f:id:noririn3103:20210611210720j:plain

ガイドさんのメリット 

ガイドさんがいるからこそ気づける見どころ

山歩き初心者の私は、とにかく「転ばないように」とついつい足元ばかり見て歩いてしまい、周囲に咲く花や生き物に気づかないものなんです。ガイドさんは「これがイワナシ、こちらはサンカヨウ」などと教えて下さるので、初めてそこに花が咲いていたんだ、と気づくわけです。一人で出かけていたら水芭蕉はわかっても、その他の花には気づけなかったと思います。

f:id:noririn3103:20210608202248j:plain
f:id:noririn3103:20210608202308j:plain
イワナシ(左)とサンヨウカ

植物だけではありません。遠くの山の名前も教えていただけます。1人だったら山座同定アプリに頼らなくてはなりません。

f:id:noririn3103:20210613143909j:plain

平が岳

安心感

1人で山を歩くのはリスクを伴います。今回、お天気が悪い平日ということで、シャトルバス発着所から尾瀬沼を往復する間に会ったのは10人くらいでしょうか。シャトルバスに乗った時からずーとスマホは圏外でした。こういう状況で、もし転んで骨折なんてことがあっても、なかなか助けを呼ぶことはできません。

不安感は危険だけではありません。何時のバスに乗らなくては、というプランだと、どうしても早め早めに行動したり、時計を気にしながら歩きがち。ガイドさんと歩くと、時間やペース配分も考慮してくれるので、不安から解放され尾瀬を楽しむことができました。

フレキシビリティ

今回は木金土の2泊3日の旅でした。2日目の金曜日に尾瀬を歩く予定で、木曜日は宿までの移動のみの予定でしたが、水曜日の時点で金曜日の天気が悪いことがわかっていました。水曜日の夕方にガイドさんから電話をいただき、スケジュールの相談がありました。木曜日に最終決断することにし、宿まで鉄道とバスを乗り継いで向かったのですが、途中、路線バスに乗り換えるところでガイドさんからお電話をいただき、「宿についたら今日のうちに1時間ほど歩いてみましょう」という提案をいただきました。路線バスを降りるとガイドさんが待っていてくれ、そのままガイドさんの車で御池というシャトルバスの発着所の駐車場に移動。シャトルバスには乗らずに御池の駐車場から木道を1時間ほど歩き上田代という湿原へ。木道の先には燧ケ岳を眺められました。

f:id:noririn3103:20210608204442j:plain

上田代の木道の先には燧ケ岳

お天気は下り坂でしたが、雪が残る山並みも楽しめました。

f:id:noririn3103:20210608204657j:plain

遠くの山並みも楽しめた

結局金曜日は午前中なら行けそうだという判断となり、当初の予定より出発を早めて尾瀬沼に向かい、雨がひどくなる前に宿に戻ることができました。こういうフレキシブルなプランを提案していただけるのも、個人でガイドさんをお願いしたからこそだと思います。

今回お願いしたガイドさん

こちらのガイドさんにお願いしました。とても丁寧で親切なガイドさんでした。テレビ局の取材のサポートや、ランドネ山大学でのガイドなどもされています。リンク先がなぜか文字化けしていますが、きちんと開きます。

mountain-guide.jp

実はこちらのガイドさんには昨年も尾瀬のガイドをお願いしていたのですが、昨年は緊急事態宣言が発令されてしまい、尾瀬ガイド協会全体でガイドを中止することとなり、やむなく断念。2年越しでガイドをお願いすることができた次第です。SNSでも頻繁に情報発信されているので、日ごろの活動を知ることもでき、なんだか初対面のように感じませんでした。

今回の旅の概要

沼山峠から入る尾瀬沼

尾瀬に入るルートはいくつかありますが、群馬県の鳩待峠から入るルートと、福島県の沼山峠から尾瀬に入るルートがメインと思います。静岡から行くのなら鳩待峠の方が近いのですが、その分人も多いことが予想されました。ガイドさんも「沼山峠は混まないよ。ピーク時でも駐車場が満車になることはほぼない」と言っていました。おかげで木曜日の上田代も、金曜日の雨の中の尾瀬沼も、ほぼ貸し切り状態でした。

f:id:noririn3103:20210611211103j:plain

尾瀬沼貸し切り状態

また6月上旬の時点で鳩待峠に近い尾瀬ヶ原の水芭蕉はほぼ終わりの状態。福島県の沼山峠から入る尾瀬沼は尾瀬ヶ原より標高が少し高いので、ちょうど見ごろな感じでした。沼山峠から尾瀬に入って良かったです。

f:id:noririn3103:20210611211227j:plain

水芭蕉だらけ

アクセス

沼山峠から尾瀬に入る人が少ないのは、おそらくアクセスが良いとは言えない環境が影響していると思います。公共交通機関で向かう場合、最寄りの鉄道の駅は野岩鉄道と会津鉄道の境界となる会津高原尾瀬口です。浅草から特急リバティで2時間57分と、ほとんど3時間かかります。静岡からだと東京に出るまでに1時間ちょいかかるので、距離のわりに長く鉄道に揺られている感じです。

f:id:noririn3103:20210612091707j:plain
f:id:noririn3103:20210612091750j:plain
会津高原尾瀬口

リバティは全席指定席です。ネットで指定席の予約ができます。ひささんのエントリに詳しく紹介されていて、私も参考にしました。

www.kzlifelog.com

駅から沼山峠までは路線バスで向かいます。1日4本しかありませんが、鉄道との乗り継ぎは良いです。私は駅から直接沼山峠ではなく、宿に向かうわけですが、沼山峠あるいは御池行に乗ると、旅館の前を通ります。ちなみに乗車時間は宿の前までは70分。もし直接沼山峠に向かうとすると、2時間かかります。

f:id:noririn3103:20210612092304j:plain

尾瀬に向かうバスは1日4本

今回は公共交通機関のみで行きましたが、尾瀬に向かうシャトルバスの出発点である御池には広い駐車場があるので、レンタカーで行くのも手です。そうすると1人4本しかない鉄道駅との路線バスの時間に縛られることはありません。次回はレンタカーで向かってみたいですが、会津高原尾瀬口駅にはレンタカー屋さんはありません。行くとすれば、東北新幹線の那須塩原駅が良さそうで、駅からはレンタカーで2時間半くらいで御池駐車場まで行けそうです。

2泊した「旅館ひのえまた」はおもてなし最高の温泉宿

尾瀬沼まで静岡からだと鉄道で5時間、バスで2時間。早朝出発したとしても、その日に尾瀬を楽しむのは無理でしょうし、尾瀬を楽しんだ後、鉄道で帰ってくるのもかったるいので、2泊3日のゆったりプランとしました。宿泊は福島県桧枝岐村にある旅館「ひのえまた」に滞在しました。宿からシャトルバスの乗り場まではガイドさんの車で30分くらいの距離。お部屋にはトイレ・洗面付き、夕食は部屋食、朝食は完全個室で頂けるという私好み。そして何より、地元の食材をふんだんに使った食事とおもてなしがめちゃくちゃ素晴らしくて、ものすごーく感動しました。

f:id:noririn3103:20210611212412j:plain

鉄骨5階建ての建物

お料理は桧枝岐の食材である、蕎麦やきのこ、山菜が中心の心のこもった手料理が並びます。山菜などはご夫婦で摘みに出ることもあるそうです。メダカの佃煮とか熊の肉なんていう珍しい食材もいただきました。ご主人と女将さんの手作りの料理は本当にどれも美味しくて、感動しました。2連泊しましたが、夕食も朝食も異なる献立なのも素晴らしかったです。

f:id:noririn3103:20210611212720j:plain
f:id:noririn3103:20210611212953j:plain
地元の食材を活かした手料理が素晴らしく美味しい

温泉は単純温泉なので、これと言って特徴がないのが特長な温泉です。循環式なので源泉かけ流しではないのですが、屋根付きの露天風呂があり、温度も熱すぎないように調整されていて、歩いた後の脚の疲れを癒してくれました。

f:id:noririn3103:20210612091356j:plain

温泉でのんびり

1人で平日に泊まって1泊2食付きのお値段は16,000円くらい。お食事の内容を考えると、すごくお得な感じがしました。 

宿の公式サイトはこちらです。

www.oze-rhinoemata.com

まとめ

個人でガイドさんをお願いするのは釧路湿原のカヌーに続いて、今回が2回目です。大自然の中をカヌーで下るなんてことはガイドさんがいなければできないですし、大きなオジロワシが木の上にいてもガイドさんに教えてもらわないと気が付かなかったので、この時もガイドさんの価値をものすごく感じました。

www.frostmoonweb.com

尾瀬デビューにあたり、ガイドさんをお願いして本当に良かったです。ガイドさんはただ案内するだけでなく、リュックの背負い方やレインウェアの使い方、歩く時に気を付けるポイントなども教えて下さるし、出発前にはメールで装備の確認などもしてくれます。安心、安全に行くことができ、1人だったら行けなかった場所や、気づけなかった見どころを教えていただけたのも、尾瀬に詳しいプロのガイドさんだからこそと思いました。 短い時間でしたが尾瀬という場所を体験できたので、次回は尾瀬の中の山小屋に泊まって尾瀬を楽しんでみたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村