鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

平日は会社員、休日は鉄道(乗り鉄)と自転車での旅行を楽しんでいます。旅先での温泉とご当地マンホールの捕獲も楽しみ。旅行記メインのブログです。

MENU

鳥取県の東郷温泉「水明荘」はGW連休中でも一人泊OKで2食付13,000円以下、穴場の宿です

2019年のゴールデンウィークは10連休で、うかつに出かけると大混雑に巻き込まれそう。混雑は極力避けて静かな一人旅を楽しみたい私としては、どこならそれほど混雑せずに鉄道旅を楽しめるかを考えました。思いついたのが、山陰本線完全乗車旅と沿線の温泉に泊まるプランです。山陰本線は場所によっては列車の本数が少ない、ということは、人がいないだろう、という予測です。トップシーズン中に一人泊OKの宿があるかが心配でしたが、楽天トラベルで検索したらありました! 東郷温泉の国民宿舎「水明荘」という宿です。2食付いて12,579円! 駅から徒歩5分という嬉しさ。一人部屋は温泉宿と言うよりビジネスホテルのシングルルームでしたが、連休中にお安く泊まれて、温泉にも入れる、湖のほとりで景観も良く、スタッフも親切という、とてもコスパの良い宿でした。

東郷温泉

東郷温泉、私は初めて名前を聞く温泉でした。鳥取県の中ほどに位置し、最寄駅は山陰本線の「松崎駅」。だいたいの場所はこちらの地図をご覧下さい。

東郷温泉は「東郷湖」という湖のほとりの温泉です。近所に「はわい温泉」があり、こちらの方が有名かも。

f:id:noririn3103:20190512172719j:plain

宿の前は東郷湖。向こうに見える建物が「はわい温泉」の宿

下の地図で①が最寄駅の「松崎駅」。②が今回宿泊した「水明荘」。③が「はわい温泉」です。 

最寄駅の「松崎駅」は無人駅で乗降客も少なく、駅前もGWとは思えないような静けさ。一方で期待通りで、嬉しくなってしまいました。松崎駅(下の地図A)から歩いて宿(下の地図の①)に向かいましょう。

駅前の「歓迎 東郷温泉」のゲートをくぐります。ゲートの奥には東郷湖の水面が見えます。

f:id:noririn3103:20190510214717j:plain

このゲートをくぐって先に進む

地図③には「湯の華慈母観音」がいらっしゃいます。観音様の足元には足湯のようにお湯がたたえられていますが、ここは足湯ではありません。足を入れたらやけどします。かなり熱いお湯がたまっています。こんな熱いお湯が出るとはなかなか良い温泉地なのかも。

f:id:noririn3103:20190511142955j:plain

湯の華慈母観音

観音様がいる交差点を、湖に向かって左折するとすぐにバス停があります。斜め右に入っていく道を進みます。

f:id:noririn3103:20190512171351j:plain

バス停の横断歩道を渡って公園の方へ

右手(湖側)には公園(地図の②)があり、ここに足湯があります。下の写真のオレンジの丸が足湯。緑の丸は宿の「水明荘」です。足湯は後ほど紹介します。

f:id:noririn3103:20190511143420j:plain

公園

特徴的な外観

こちらが国民宿舎「水明荘」の建物です。なんとなく中国の建築のような外観です。

f:id:noririn3103:20190511143541j:plain

中国風建築の建物

一人旅プランの場合、宿泊するのはビジネス客が泊まる棟です。(下の写真の緑の丸の棟)

f:id:noririn3103:20190511143711j:plain

一人旅は左側の棟

お部屋

チェックインはフロントで行い、カギを渡されたら自分で部屋まで行きます。上の写真の通り、一人旅用の部屋は本館から少し離れていて、エレベーター下りてから、数段の階段を下りたり、歩いたりします。方向音痴だと最初は迷うかも。

f:id:noririn3103:20190511143929j:plain

エレベーター下りてから一人部屋のある棟に向かう階段

今夜のお部屋は351号室でした。

f:id:noririn3103:20190511144052j:plain

宿泊した部屋

一人用のお部屋はビジネスホテルのシングルルームという感じです。シンプルで清潔なお部屋です。

f:id:noririn3103:20190511145325j:plain

宿泊したお部屋

窓の外はやっぱり眺望はなし。玄関が見えるのみです。けれど2人以上で泊まれば、湖に面したお部屋が用意されるはずです。

f:id:noririn3103:20190511144136j:plain

窓からの景色

部屋にバスはないですが、ウォシュレット機能付きのトイレが室内にあります。トイレの中にタオルがかかっているのは便利です。

f:id:noririn3103:20190511162827j:plain

室内にウォシュレット付きトイレ

洗面台も室内にあります。お湯は出ません。手洗い用のフォームはありますが、その他のアメニティはまったくありません。くし・ブラシもありません。

f:id:noririn3103:20190511162945j:plain

部屋の中の洗面台

ドライヤーは部屋に用意されています。

f:id:noririn3103:20190511163058j:plain

ドライヤーはある

浴衣、半纏、バスタオル、お風呂用タオル、濡れたタオルを入れるのに便利な黄色のビニール袋が用意されています。

f:id:noririn3103:20190511163124j:plain

浴衣類

冷蔵庫は小型の冷蔵機能のみのタイプで中は空っぽ。買ってきた飲み物を自由に入れられるタイプですね。

f:id:noririn3103:20190511163255j:plain

冷蔵庫は空

ビジネスホテル風ですが、お茶請けのお饅頭が用意されていました。ちょうどお腹が空いていたので早速いただきました。お茶っ葉は緑茶のみでティーバッグ式です。

f:id:noririn3103:20190511163337j:plain

お茶セット

ポットは電気式で沸かす機能と保温機能のついたタイプ

f:id:noririn3103:20190511163518j:plain

電気ポット

さらに氷水が入ったポットまで用意されていて、お値段の割に行き届いている印象です。湯上りとかには冷たい水が嬉しい。部屋はビジネスホテル風でもサービスは温泉旅館と言う感じがします。

f:id:noririn3103:20190511163626j:plain

氷水が入ったポット

残念ながら部屋でWi-fiは使用できません。ロビーでは使えるとのことでした。テーブルのコンセントは電気ポットやテレビに冷蔵庫に使われタコ足配線状態。

f:id:noririn3103:20190512171821j:plain

テーブルのコンセントはもういっぱい

窓の下に空いているコンセントが2口。

f:id:noririn3103:20190512171937j:plain

コンセント

あとは洗面台の鏡横に1口あります。これだけあればスマホやカメラの充電は問題ありません。

f:id:noririn3103:20190512172024j:plain

コンセント

温泉

東郷温泉は、湖底と湖畔から温泉が湧いているのだそうです。温泉は男女別に大浴場が一か所、露天も一か所あります。貸切風呂もありましたが有料のようでした。お風呂は夜11時から翌朝5:30の間は使用できません。

大浴場

女性の大浴場は4階、男性用は2階にあります。

f:id:noririn3103:20190512094314j:plain

大浴場

脱衣所には無料の鍵付きロッカーがあります。

f:id:noririn3103:20190512094736j:plain

大浴場の脱衣所

脱衣所内の洗面台です。ドライヤーはありますが、クレンジング・化粧水などのアメニティはありません。

f:id:noririn3103:20190512094847j:plain

大浴場の洗面台

浴室内はいつもお客さんがいたので写真は取りませんでした。洗い場は5か所くらいあり、シャワーの水圧も良かったです。浴槽は5~6人入るともう足をのばして入るのはちと厳しいかも、という広さでした。

お風呂からは東郷湖を眺めることができて、解放感があります。無味・無臭・無色のお湯なので特徴がないと言えばないのですが、温度もほどよく調整されていたし、芋の子を洗うような状況でもなく、ゆっくりのんびり入ることができました。

露天風呂

露天風呂は本館の5階にあります。大浴場とはフロアが異なるので、大浴場から直に行くことはできません。脱衣所は大浴場より狭く、洗面台もシンクが2つくらいだったかな?朝5時間から入れるので6時前には行ったのですが、結構混んでいました。

f:id:noririn3103:20190512095243j:plain

露天風呂は5階

水明荘のHPの写真を見ると、露天風呂につかりながら沈む夕日を眺められそうですが、女性用は周囲を囲まれているので、お湯に入りながら夕日や湖を眺めるのはちと難しいです。

泉質

泉質は「含弱放射能-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」です。放射能という文字が入った泉質の温泉には初めて入りました。温度調整のために加水しているものの源泉かけ流しと表示されていました。湧出量が1分間に257リットルあって、湯量はなかなか豊富です。

f:id:noririn3103:20190512101125j:plain

温泉分析表

足湯

宿の足湯ではありませんが、宿の横の公園に足湯があります。湖に近く、とても気持ち良い足湯でした。東郷湖周辺には何か所か足湯があり、こちらは「毘沙門天の湯」という足湯です。真ん中に鯉の像がたっているので「鯉の湯」とも呼ばれていて、鯉を恋にかけて、恋愛成就の足湯なのだそう。利用時間は朝10時から夜9時まで。翌朝行ってみると、まだお湯が溜まっていなかったので、毎晩お湯を抜いているようです。宿泊した時にはチェックインした日に入りに行くのが良いです。

f:id:noririn3103:20190514203426j:plain

毘沙門天の湯

足湯の隣には温泉卵を作れるようになっていて、近所の方なのか観光客なのかわかりませんが、作っている方がいました。

f:id:noririn3103:20190514203550j:plain

温泉卵を作る装置

 泉温が63~90℃とあったので、温泉卵ができそうですね。

f:id:noririn3103:20190514203738j:plain

温泉分析書のような看板

飲泉

東郷温泉は飲用にも適しています。ホテル玄関横には龍の形の飲泉塔がありました。飲んでみるとややしょっぱいかな。

f:id:noririn3103:20190512102431j:plain

玄関横の飲泉塔

食事

夕食・朝食ともに1階のレストランでいただきます。

夕食

夕食は会席コースで12品目が提供されます。珍しいとか特別美味しい食事というわけではないですが、2食付でGW中に13,000円というお値段を考えると十分だと思います。

f:id:noririn3103:20190512151144j:plain

夕食 最初に並んでいたもの

飲み物はビールや日本酒などアルコールは何種類かありました。ソフトドリンク系はウーロン茶とかオレンジジュース・コーラという一般的なメニューのみで、ノンアルコールカクテルはありません。

f:id:noririn3103:20190512150955j:plain

お造り

f:id:noririn3103:20190512151026j:plain

牛肉のすき焼き

f:id:noririn3103:20190512151103j:plain

揚げ物

f:id:noririn3103:20190512151346j:plain

茶わん蒸し

f:id:noririn3103:20190512151411j:plain

焼き魚・・・だと思う

朝食

朝食は夕食と同じレストランでバイキングです。レストランは広くないので、時間帯によっては座る場所もないくらいで、お料理を取るのも行列ができていました。7時とか7時半という区切りの良い時間は混雑するので10分くらいずらすと幾分違うと思います。

宿周辺の散策

早朝に宿周辺の散歩をしてみました。宿に無料のレンタサイクルもあるので、借りようとしたら、うまく鍵がはずれず使えなかったので、歩くことにしました。下の地図のような所を歩いてみました。

 宿の目の前はこの湖の景色。お天気もよくて気持ちいい。釣り人がいました。

f:id:noririn3103:20190516212256j:plain

静かな東郷湖

歩いていくと、珍しい設備が。これ地熱発電所なんです。中国・四国地方初と書かれています。地熱発電所を見るのは初めてですが、意外にコンパクトです。温泉水の熱を活用していると説明板に書かれていました。

f:id:noririn3103:20190516212610j:plain

温泉の熱を利用した地熱発電所

おっ、デザインマンホールがありました。このあたりは湯梨浜町という自治体なのですね。温泉の絵柄です。

f:id:noririn3103:20190516212818j:plain

湯梨浜町のマンホールその1

もう一種類デザインマンホールがありました。梨の町と書かれています。このあたりは二十世紀梨が特産品なんです。ご当地マンホールという感じがします。

f:id:noririn3103:20190516212924j:plain

湯梨浜町のマンホールその2

川も流れがゆるくて穏やか。その先に東郷湖。

f:id:noririn3103:20190516213734j:plain

東郷川

さらに進むと、中国を思わせる大きな建物。日帰り温泉施設です。

f:id:noririn3103:20190516213542j:plain

ゆアシス東郷 龍鳳閣

さらに進むと、またしても中国風の建物。なぜこの辺りには中国風の建物が多いのでしょう?ちなみにこちらは中国庭園 燕趙園と言い、入場料が必要です。まだ開園前なのでスルー。

f:id:noririn3103:20190516213947j:plain

中国庭園 燕趙園

おや、パンダがたくさんいますね。

f:id:noririn3103:20190516214113j:plain

パンダがたくさん

湖の方に歩いていくと、これは万里の長城を模して造られた遊歩道のようです。パンダの広場やこのあたりは入園料不要でいつでも入れるようになっていました。

f:id:noririn3103:20190516214226j:plain

万里の長城風の歩道

ほとんど人に会いません。連休中でもかなり空いている印象の東郷温泉の朝は、とても静かでした。

水明荘のまとめ

10連休の大型連休中だったので、山陰本線の出発駅である京都駅はかなり混雑でしたが、東郷湖の湖畔はとても静か。連休の最中なのに一人泊OKで、2食付きのお値段も12,579円とものすごくコスパ良いと思いました。一人旅だと部屋からの眺望がないのは残念だけど、ウォシュレット付きのトイレが室内にあり、沸かす機能がついたポットも冷水ポットも用意されていて、サービスは思いのほか良かったし、スタッフも優しくて親切です。食事はお値段相応ですが、悪いわけではありません。東郷湖はぐるっと回れるようになっているので、早くついてサイクリングしながら足湯めぐりしたり、カフェで休憩したり、という過ごし方もできそうです。意外な穴場的な温泉で得した気分になれました。 

水明荘の公式HPはこちらです。

https://www.suimeiso.jp/

周辺の足湯情報はこちらのサイトで紹介されています。

tripnote.jp