鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

平日は会社員、休日は鉄道(乗り鉄)と自転車での旅行を楽しんでいます。旅先での温泉とご当地マンホールの捕獲も楽しみ。旅行記メインのブログです。

MENU

暑い夏にこんなコースはいかが? 三島駅近くの源兵衛川散策とお蕎麦のランチとマンホール

2019年の夏は、立秋を過ぎたあともまだまだ暑い。猛暑の中は出歩く気が萎えますが、三島駅周辺には富士山の伏流水が流れるせせらぎがあります。せせらぎの中に遊歩道が設置されていて、木陰になっていることもあり、涼を楽しめます。周辺にはカフェや食事処もあるので、日帰り旅をしたり、修善寺方面への旅の途中に歩いてみてはいかがでしょうか。

f:id:noririn3103:20190811155015j:plain

源兵衛川

源兵衛川へのアクセス

三島駅についたら南口へ。源兵衛川までは徒歩10分ほど。商店街を歩いてもよいですが、楽寿園内を抜けていくと、緑の中を歩けて気持ちいいです。ただし楽寿園を通るには、入園料300円が必要です。

源兵衛川の中を歩く

上の地図のUnnamed Roadの印のところから、源兵衛川の中の遊歩道が始まります。源兵衛川沿いのコースを下の地図にまとめました。上の地図のUnnamed Roadの所が下の地図の①の場所です。

①の場所は少し川幅が広く、ウッドデッキなどもあり、子供たちの遊び場です。川の中に設置されたブロックの遊歩道に下りましょう。

f:id:noririn3103:20190810214019j:plain

①から川の中におりる

川の中に整然とブロックが並べられた遊歩道。清流を間近に感じられます。ブロックとブロックの間に隙間があるので、落ちないように足元には気を付けて。反対方向からも人が来ますので、ゆずりあって歩きましょう。 

f:id:noririn3103:20190810214111j:plain

川の中の遊歩道

水に手をつけると、かなり冷たい。これは気持ちいいです。

f:id:noririn3103:20190810215038j:plain

水温は冷たい

清らかな流れが伝わるでしょうか。本当に気持ちのよいせせらぎです。

ところどころ広くなっているところでは、子供たちが川の生き物を探しています。小さなドジョウをとっている子供もいました。子供にはたまらない遊び場ですね。冷たい水も気にせず夢中になっているのがかわいいです。

f:id:noririn3103:20190810215247j:plain

子供は川の生き物に夢中

 地図②のあたり。写真に見えている数段の階段をあがり、いったん道路に出てさらに下流に向けて歩くことができます。

f:id:noririn3103:20190811093313j:plain

木陰があって涼しげ

 ポイント③。ホテルの横に再び川の中におりる階段があります。

f:id:noririn3103:20190811095711j:plain

ホテルの脇から川に下りられる

ポイント④で川からあがり、お寺の境内を抜け、三島で超有名なうなぎ屋さんの「桜屋」の横を曲がります。ポイント⑤に再び川に下りられる場所があります。

f:id:noririn3103:20190811100028j:plain

ポイント⑤で再び川の中へ

ここは伊豆箱根鉄道の線路下を通れるという、鉄道好きにはもってこいのポイント。ただし足場はかなり危ういので、川に落ちないように気を付けて歩いて下さい。

f:id:noririn3103:20190811100127j:plain

伊豆箱根鉄道の下を通る

という具合に、源兵衛川沿いは川の中に遊歩道が設けられていて、涼を取りながら歩けるのが魅力。源兵衛川の水は本当に澄んでいて見ているだけでも涼しく感じます。

ランチはこちら

江戸変わりそば 飯嶋

源兵衛川ウォークのスタートポイント近くにあるお蕎麦屋さんです。楽寿園南出口のすぐ横にあります。

f:id:noririn3103:20190811103841j:plain

江戸変わりそば 飯嶋

中はカウンター、テーブルといす、奥に座敷があり、30人くらい入れそうな感じです。座敷は外の緑が見えたり、近くの道並みの絵がかかっていたり、リラックスできます。

f:id:noririn3103:20190811103930j:plain

お座敷

お店の名前が「変わりそば」とあるだけあって、お蕎麦の種類が豊富なのが特徴です。

f:id:noririn3103:20190811104310j:plain

5種類の蕎麦が用意されている

オススメは3種類のお蕎麦をチョイスして楽しむセット。天ぷらがついて2350円です。

f:id:noririn3103:20190811104449j:plain

メニュー

5種類のそばから3つを選ぶのはなかなか迷いますね。私はこんな組み合わせ。右から変わりそばの「れもん切り」「二八そば」「さらしな」です。

f:id:noririn3103:20190811104721j:plain

天ぷらつきの3種のお蕎麦を楽しめるセット

ちなみにこちらの赤いお蕎麦は「唐辛子切り」です。みためほど辛くはないですよ。

f:id:noririn3103:20190811110240j:plain

唐辛子切りをチョイスした3種蕎麦

いただきまーす!

f:id:noririn3103:20190811110348j:plain

れもん切りをいただく

こちらのお店の前には、源兵衛川とはまた別の川がありまして、こちらにも富士山の伏流水が流れていて、鯉が泳ぎ、鴨が遊びに来ています。

f:id:noririn3103:20190811110731j:plain

宮さんの川

うなぎ「桜家」

三島は富士山の伏流水が湧き出てとても水がきれいなことから、うなぎ屋さんが多いんですね。中でも私のお気に入りは、伊豆箱根鉄道の広小路駅そばにある「桜家」。いつも行列ができていますから、開店と同時に行くか、季節の良い時に待ち時間覚悟で行くか、ということになりそうです。

f:id:noririn3103:20190811111040j:plain

桜家

dilettante cafe (ディレッタント カフェ)

こちらはまだ入ったことがないカフェですが、源兵衛川のほとりにあり、せせらぎを見ながらのランチやカフェタイムを楽しめそうで、いつか行きたいお店です。

f:id:noririn3103:20190811111300j:plain

dilettante cafe (ディレッタント カフェ)

三島市のマンホール

私は旅先で足元のマンホールを見るのが楽しみですが、三島市のマンホールも美しいデザインマンホールが採用されています。残念ながらマンホールカードは2019年8月現在、まだ発行されていません。

三島は春になると三島大社や楽寿園の桜でお花見を楽しめます。マンホールのデザインも桜ですね。源兵衛川沿いの通りのあちこちに設置されていますので発見しやすいと思います。

f:id:noririn3103:20190811113029j:plain

三島市のデザインマンホール

長らく桜のマンホールだったのですが、2018年に新しいデザインマンホールが設置されました。三島のスカイウォークがデザインされたマンホールです。

f:id:noririn3103:20190811113314j:plain

スカイウォークがデザインされたマンホール

こちらは源兵衛川沿いにはなく、たぶん以下の一か所のみの設置と思います。

 

まとめ

三島の源兵衛川沿いは川の中に遊歩道が作られていて、澄んだ冷たい水の流れを楽しめます。木立の中を流れるので適度に日差しが遮られて、真夏でもお散歩が楽しめます。川沿いには食事処やカフェもあるので、休憩しながらの散策も良いでしょう。三島駅からは修善寺方面に伊豆箱根鉄道が走っているので、乗り換えの合間に楽しむのも良いと思います。

一つ注意点があるとすれば、SuicaでJR東日本からおいでの際には、三島駅の改札で精算が必要になります。これが案外行列することがあるのです。

最後に三島市の観光Webサイトのリンクを貼っておきます。

三島市観光Web

それでは皆様もよい旅を~