鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

50代から始めた乗り鉄で温泉とご当地マンホールの捕獲を楽しんでいます。女一人旅の旅行記メインのブログです。

MENU

静岡市の宇津ノ谷峠、4世代トンネルとお蕎麦にスイーツ

古いトンネルに惹かれるものを感じる私は、静岡市の四世代トンネルを訪ねてみました。鉄道旅でもサイクリングでもないのでこのブログのテーマから外れちゃうけど、そこは大目に見てください。昔の宿場町で保存地域になっていることもあり、風情のある街並みとトンネルを楽しみつつ、美味しいお蕎麦やスイーツも食べられるウォーキングコースでした。

歩いたのはこんなコース

峠、なんて書くと2時間くらいのハイキングを連想してしまいますが、今回は片道20分程度のお散歩コースです。

 

車は道の駅に停める

宇津ノ谷峠は、今も国道1号線が通っていて車の往来も激しい、つまり昔の東海道です。豊臣秀吉が小田原征伐のために大軍を通すのに開拓されたもの、と道の駅の看板に書いてありました。静岡市側から国道1号線を車で走ると、峠の手前に道の駅があるので、そこに車を停めます。けれどハイキングに行く方は川沿いに停めてくださいという案内があったので、駐車枠が書いてないけれど、こちらに縦列駐車してレッツゴー。

f:id:noririn3103:20190223180656j:plain

ハイキングの行く人は川沿いに駐車する

さっそく「つたの細道」という看板が出ていて、ハイキングコースになっているらしい。

f:id:noririn3103:20190223180904j:plain

つたの細道 ハイキングコースになっているそう

道の駅の看板に地図が出ていたけれど、結構距離がありそうです。

f:id:noririn3103:20190223181048j:plain

宇津ノ谷峠周辺の地図

後ほど寄った甘味処の方の話では、1.5時間くらいで歩けるらしいですが、今日は単独行で、もしも捻挫や骨折なんてことになると助けに来てもらえそうにないので、パスです。(別の冊子によると、約3.8kmとのこと) 道に沿って歩くと、前方の立体交差を渡ります。

f:id:noririn3103:20190223181244j:plain

前方の立体交差を渡る

道を歩いていくと、お蕎麦屋さんの看板が。雑誌などにも登場しているので、今日のランチは十割そばを出してくれるこちらのお蕎麦屋さんに行きます。

f:id:noririn3103:20190223181545j:plain

お蕎麦屋さんの看板

立体交差の上に行くと、平成のトンネル昭和のトンネルが見えました。

f:id:noririn3103:20190223181331j:plain

手前が平成のトンネルで下り線

こちらは昭和のトンネル。どちらもコンクリートの坑口で趣がないです。

f:id:noririn3103:20190223181639j:plain

昭和のトンネル

立体交差を渡ると、山里に入ってきて静かな空間です。道路のわきを小川がちょろちょろ流れています。

f:id:noririn3103:20190223181817j:plain

小川の脇を歩いていく

車もほとんど通りません。サイクリングにも良さそうです。

f:id:noririn3103:20190223181855j:plain

静かな空間

宇津ノ谷の集落

宇津ノ谷の集落の入り口に来ました。道の駅からは徒歩5分くらい。近いですね。明治のトンネルに行くには左に進みます。右の道路の先には大正のトンネルに続く道。

f:id:noririn3103:20190223182533j:plain

宇津ノ谷集落の入り口

2月23日に行ったのですが、桜が咲いていました。河津桜かな?

f:id:noririn3103:20190223182717j:plain

桜がきれい

案内表示もしっかり出ていて、整備されている印象です。

f:id:noririn3103:20190223182754j:plain

案内表示

しかも石畳。お金かけているねー、静岡市! でもこういう取組みは、観光にくる人にとっては嬉しいです。明治のトンネルに向かうには、石畳の方の通りを歩きます。

f:id:noririn3103:20190223182922j:plain

風情ある石畳の通り

隣を流れる小川には鴨がいたりして、のどかな感じ。

f:id:noririn3103:20190223183556j:plain

小川には鴨

集落の中に入ると、それぞれのお家に「車屋」とか「魚屋」など木の看板で屋号がかかっていました。案内の冊子によると、今でも屋号で呼び合っているんだとか。街並みは保存地域に指定されているので、洋風建築は不可とのこと。タイムスリップしたみたい。通りの奥の山には梅か桜が満開の様子。楽しみです。

f:id:noririn3103:20190223183902j:plain

レトロな宇津ノ谷集落の街並み

明治天皇がお休みされたのでしょうか?記念の碑が立っています。

f:id:noririn3103:20190223184054j:plain

明治天皇・・・と記された碑

この碑が立っているのは、御羽織屋という屋号のお宅。石川さんというお家のようです。秀吉が与えた陣羽織が所蔵されているとのことですが、この日は「拝観中止」の貼り紙がしてありました。ここまで道の駅から徒歩7分くらいです。

f:id:noririn3103:20190223184551j:plain

御羽織屋

通りを進むと急な階段にぶつかります。お蕎麦屋さんに行くには、階段を上らずに、石畳の道を道なりに右にカーブしていきます。

f:id:noririn3103:20190223184727j:plain

明治のトンネルに向かう階段

そうするともうすぐ目の前にお蕎麦屋さんの「きしがみ」が見えます。サイクルラックがあるのでサイクリングの方も寄るのでしょう。店の前には4台分くらい駐車スペースがあります。歩いてきた石畳の通りを車で入ってくることもできますが、宇津ノ谷集落の入り口を石畳の方ではなく、普通のアスファルトの道を車で上がってきても、このお店に来ることができます。

f:id:noririn3103:20190223184818j:plain

サイクルラックもあるお蕎麦屋さん

こちらがサイクルラック。

f:id:noririn3103:20190224203903j:plain

サイクリスト歓迎の記し、サイクルラック

十割そばの「きしがみ」は美味!

きしがみ」さんは11:00~営業開始。ちょうど11時に着きました。人気があるとガイドブックに出ていたので、あまりお腹が空いている感じはしなかったけれど、先に食べることにしました。

f:id:noririn3103:20190223224510j:plain

十割そばを食べさせる「きしがみ」

入り口の看板。どちらのそば粉を使用しているかも表示されていました。

f:id:noririn3103:20190224203433j:plain

入り口の看板

入り口で靴を脱いであがる形式の店内。窓の向こうには集落の屋根が見えます。

f:id:noririn3103:20190223224838j:plain

店内からの景色

店内は椅子とテーブル。4人がけのテーブルが6個あったので24人が定員かも。テーブルの下には足温器がありました。2月ではまだ足元が寒いもんね。薪ストーブが燃えていました。

f:id:noririn3103:20190223225032j:plain

低めの椅子にテーブル

お蕎麦は冷たいのも温かいのもありました。せいろがオススメらしいので、舞茸の天ぷらがついたマイタケ天せいろを注文しました。1400円です。

f:id:noririn3103:20190224203000j:plain

冷たいお蕎麦のメニュー

さぁ、でてきました、マイタケ天せいろ。天ぷらは舞茸以外に菜の花と蕎麦饅頭も添えられていました。

f:id:noririn3103:20190224202721j:plain

十割そばと舞茸の天ぷらのセット

十割そばと言うと、色が濃い目で太目のお蕎麦というイメージがあったのですが、こちらのお蕎麦は細めで色もそんなに濃くないです。十割そばにもいろいろあるようです。触感もぼそぼそした感じはまったくなくて、とても食べやすく、美味しいです。

f:id:noririn3103:20190224203331j:plain

美味しい十割そば

甘味もそろっているので、デザートに食べても良いし、お茶しに寄っても良さそうです。

f:id:noririn3103:20190224203603j:plain

甘味メニュー

スタッフもとても気さくで、気持ちの良いお店でした。また来ようと思います。

明治のトンネルに向かう

ランチの後、本日の目的地、明治のトンネルに向かいます。店の前の道を上って行っても良いし、来た道を戻り階段を上っても同じところに出ます。自転車の場合は階段避けた方が良いですが、本日は徒歩なので、階段をあがりました。しだれ梅がきれいに咲いていました。

f:id:noririn3103:20190224204023j:plain

階段を上る

階段をあがると、先ほどのお蕎麦屋さんの前の道を上がってきた通りにぶつかります。

f:id:noririn3103:20190224204745j:plain

階段をあがったところ。階段の距離は短い

明治のトンネルはこの坂を上っていきます。この辺りは自転車でくると苦しい上りなのかも。

f:id:noririn3103:20190224204902j:plain

さらに坂を上る

上の写真の坂を上ると、案内表示が立つT字路に出ます。左に行けば明治のトンネル。右に行くと、大正のトンネルにつながっている道路に出ます。

f:id:noririn3103:20190224205042j:plain

この案内表示を左へ

坂の右手の石垣の上には梅と桜が満開でとてもきれい。

f:id:noririn3103:20190224205202j:plain

白とピンクの花がとても美しい緩い上り坂

上の写真の前方のコーナーを右にあがったら、明治のトンネルにほぼ到着です。

f:id:noririn3103:20190224205341j:plain

間もなく明治のトンネル

早速トンネルに向かいました。明治のトンネルに自動車は入れません。自転車は通れそうですね。真っ直ぐなトンネルのようで、向こう側の出口が見えます。

f:id:noririn3103:20190226213056j:plain

真っ直ぐなトンネル

今は真っ直ぐなトンネルですが、広場の案内板によると、明治9年当時はまだ測量技術が未熟なこともあり、「く」の字型のトンネルだったとか。またその時にはほとんどが角材でできていて、カンテラ失火により焼失し一時廃道になりました。その後くの字を直線にして、明治37年、今のレンガ積のトンネルになったという歴史があるとのことです。その歴史が書かれた案内板はこちらです

f:id:noririn3103:20190226214130j:plain

広場の案内板

レンガ積みの凜とした坑口が美しい。ゾクゾクします。

f:id:noririn3103:20190226213205j:plain

美しい坑口

 扁額に「宇津谷隧道」の文字が見えます。

f:id:noririn3103:20190226214206j:plain

宇津谷隧道と書かれた扁額

中もちょっと神秘的。(心霊スポットでもあるらしい・・・)

f:id:noririn3103:20190226214423j:plain

神秘的な照明

何個のレンガが積まれているのか・・・

f:id:noririn3103:20190226214801j:plain

レンガの手触り

長さは200mくらいなので、ちょっと歩くと反対側(岡部側)の出口に到着。

f:id:noririn3103:20190226214857j:plain

トンネルの出口

美しいレンガ積みのトンネルは、もちろん有形文化財

f:id:noririn3103:20190226214946j:plain

有形文化財の銘板

 明治トンネルを岡部側へ抜けた後、道なりにくだって行くと、片側2車線の道路に出ます。この道路が以前は国道1号線だったのでしょう。ここが天下の大動脈だったとすると、渋滞する難所だったんだろうなと思います。今は片側2車線のバイパスができてほとんど車が通らない道路なので、自転車で走るのは安全そうです。この道路のためのトンネルは大正のトンネルと言います。

f:id:noririn3103:20190302212104j:plain

コンクリート作りの大正のトンネル

コンクリートのトンネルでちょっと味気ないので、明治のトンネルで静岡市側に戻ります。

明治のトンネルの静岡市側には小さな公園があり、3台ほど車を停められる駐車場があるので、車でここまで入って来ることができます。公園内には男女別のトイレもありました。様式の水洗トイレでした。

f:id:noririn3103:20190302212209j:plain

こんな山奥なのにトイレがある

この周辺の立体模型まであって、なかなか力が入っています。

f:id:noririn3103:20190302212314j:plain

周辺の立体模型

山道上って梅と桜を楽しむ

私が訪れた時は梅と河津桜と思われる桜が満開。宇津ノ谷の集落からも咲いている様子が見えて美しかったので、木が植えられている場所までいってみることにしました。

先ほどお蕎麦を食べたあと上ってきた階段を降りずに通過すると、山を登っていく道があります。つたの細道ですね。

f:id:noririn3103:20190302212615j:plain

最初は階段のつたの細道

出だしは階段。階段上がったらすぐに梅と桜並木の場所だと思ったら、山道はぐっと右にカーブして竹林の中へ。えー、どうしよう・・・と未舗装の上り坂を前に一瞬ひるんだけれど、時間に制約はないしせっかく来たので、もう少し歩いてみることに。

f:id:noririn3103:20190302212707j:plain

竹林の中を上る

途中、こんな案内が出ていました。40メートルならすぐなので行ってみました。

f:id:noririn3103:20190302212902j:plain

お弘法さんという案内板

でもすぐに後悔。大変な道でした。ここで転けて骨折しても発見してもらえなさそうなので、慎重に歩きました。

f:id:noririn3103:20190302213152j:plain

所々崩れた急な細い道

お弘法さんに手を合わせて来た道を戻ります。でもなぜこんな場所に?

f:id:noririn3103:20190302213333j:plain

お弘法さん

再び先程のつたの細道を上って行くと、梅と桜が見えてきました。お弘法さんに寄らなければ、つたの細道の入り口から10分かからない程度の距離でした。

f:id:noririn3103:20190302213511j:plain

梅と桜が見えてきた

素晴らしくきれい。上ってきて良かった。 

f:id:noririn3103:20190303184729j:plain

満開

桜の木の間から見える宇津ノ谷の集落も趣があります。

f:id:noririn3103:20190302213637j:plain

桜の間から宇津ノ谷の集落

梅の香が漂っていました。この先もつたの細道は続きますが、軟弱な私は一休みしたら引き返します。

f:id:noririn3103:20190302213742j:plain

この先も続くつたの細道

締めはスイーツ

これで本日の目的は果たしたのですが、つたの細道を下りたあと、階段方向ではなく石畳の道をそのまま下っていくと、道のコーナーに新しいけど古風な外観の建物が。

f:id:noririn3103:20190303184826j:plain

古風な外観だけど新しい建物

今昔という看板が出ていて、どうやらカフェのようです。

f:id:noririn3103:20190303184856j:plain

今昔はカフェでした

外に出ていたメニューがおいしそうだったので、ついつい入ってしまいました。

f:id:noririn3103:20190303185029j:plain

美味しそうなメニューがズラリ

中はなんと畳。入り口で靴を脱いで上がります。山道をちょっと歩いたこともあって、座ろうとしたら足がつりました。しかたないので足を投げ出して座ることに。カフェのママさんが椅子出そうか?と気遣ってくれました。

f:id:noririn3103:20190303184944j:plain

中は畳

メニューには美味しそうなスイーツがずらり。

f:id:noririn3103:20190303185105j:plain

今昔イチオシのメニュー「たまて箱」

うーん、迷う。

f:id:noririn3103:20190303185146j:plain

どれもおいしそう

ドリンクメニューはコーヒーと紅茶。

f:id:noririn3103:20190303185226j:plain

コーヒーなどのドリンクメニューもある

季節限定につられて「いちごづくし」をチョイス。

f:id:noririn3103:20190303185353j:plain

季節限定に弱い私

結構なボリュームのいわゆるパフェです。アイスたっぷり。

f:id:noririn3103:20190303185607j:plain

いちごづくし

とっても美味しかったです。 この「今昔」さんは、先ほどお蕎麦を食べた「きしがみ」さんから目と鼻の先。下の写真は「今昔」さんの前から「きしがみ」方向を撮影したものです。お蕎麦の看板が見えますね。3軒くらい離れている程度でしょうか。

f:id:noririn3103:20190303190053j:plain

今昔さんの前の石畳の道

「今昔」さんの隣にはもう一軒、食事ができるお店がありました。こちらは釜めし屋さんだそうです。

f:id:noririn3103:20190303190152j:plain

釜めし屋さんは「今昔」さんのお隣さん

宇津ノ谷は思っていた以上に素敵な場所でした。明治のトンネルも含め、案内がしっかりしていて、道の駅からも迷わず行けるようになっています。石畳にしてあるのも風情があって良いですね。歩くのが大変な人は、トンネル前まで車で行けるよう駐車場もあり、水洗トイレも整備されているとは、ずいぶん静岡市は力を入れてこの景観を保護しているという印象です。食事処やカフェもあり、古い街並みは時間がとまったような感じで、素敵な空間でした。隣の丸子宿にはとろろを食べに何度か来たことがありましたが、丸子からそんなに遠くない宇津ノ谷はいつも高速道路で通過するばかりだったので、今回歩きに来られて良かったです。

公共交通機関でのアクセスは、JR静岡駅から静鉄バスで40分くらい。1時間に2本くらい出ているようですが、念のため時刻表を確認してみてね。

次回は用宗港あたりからサイクリングでアクセスしてみたいです。カフェのママさんが「自転車の方もよく見えますよー」とおっしゃっていましたが、自動車の数も少ないので、サイクリングも良さそうです。ただ山にはたくさんの杉が植えられていて、花粉対策せずに出かけた私は、その日の夜はくしゃみと目のかゆみに悩まされたのでした。