鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

50代から始めた乗り鉄で温泉とご当地マンホールの捕獲を楽しんでいます。女一人旅の旅行記メインのブログです。

MENU

ゴージャスなエクシブ湯河原離宮に宿泊。4人くらいで泊まればおトクかも

2018年10月の3連休を利用して箱根を回り、湯河原温泉につかって来ました。箱根では美味しいとろろ蕎麦をいただき、仙石原のすすき野原も堪能。その後のお宿はエクシブ湯河原離宮です。会員制のリゾートホテルですが、勤務先が法人契約しているので、予約が取れました。エクシブの中で「離宮」と名のつくホテルは通常のエクシブより贅沢なつくりになっています。湯河原離宮はエクシブの中で一番新しく、しばらく予約がとりづらかったのですが、オープンして1年半が経過して、予約も落ち着いてきたようです。

かなりゴージャスな建物

湯河原温泉には箱根峠から湯河原パークウェイを下って奥湯河原側からアクセス。奥湯河原はちょっと奥まっていて高級旅館もある場所。そういう界隈を抜けて湯河原温泉街に入ってきて、ドーンと建っている建物がエクシブ湯河原離宮。入口の門構えも立派。門からエントランスまでの距離はそんなにないですが、外からエントランスは全く見えません。

f:id:noririn3103:20181008185713j:plain

かなりゴージャスな門構え

門を入って坂を上ってぐるりと回っていくと車寄せ。門からエントランスまでの面積だけで、もう一軒旅館が建てられそう。よくもこんな大きな建物をたてたものです。

f:id:noririn3103:20181008185821j:plain

先に見えるのが車寄せとエントランス

f:id:noririn3103:20181008190041j:plain

車寄せから門方向を見たところ

車寄せで荷物を下ろしたら、ドライバーは車を地下駐車場に移動させます。荷物はスタッフが部屋に入れてくれます。スタッフは思いのほかたくさんいて、インカムつけてきびきび動いてくれます。

次の写真は、奥側が車寄せ側。手前がロビーにつながっています。

f:id:noririn3103:20181008211449j:plain

車寄せから通路を歩いてロビーへ

ちょっと宇宙っぽい雰囲気のエントランスを入りロビーへ。やっと室内に入れました。

f:id:noririn3103:20181008190322j:plain

やっとロビーへ入ります

ロビーです。湯河原離宮は、金・銀・黒を基調にデザインしているそうです。そう言われてみればそうですね。15:30にチェックインしました。3連休の初日でしたが、全く混んでいなくてスムーズにチェックイン。

f:id:noririn3103:20181008190432j:plain

金・銀・黒を基調にしたロビー

ロビーからの眺め。建物に囲まれて大きな池があるんですね。こちらのホテルには宿泊棟が3棟、ロビーや大浴場のある棟が1棟の全部で4棟で構成されています。私が泊まったのは3号棟。大きな池を囲んでいる2号棟の後ろ側が3号棟。ここからはかなり遠い感じがします。

f:id:noririn3103:20181008190816j:plain

ロビーからの眺め。この水盤が湯河原離宮の自慢のようです

到着した日の夜、台風の影響で風が強く、翌日の朝はこの池に落ち葉がたくさん浮いていましたが、お掃除はロボットがしてくれるようです。

f:id:noririn3103:20181013142126j:plain

池のお掃除ロボット

お部屋

今回の宿泊は3号棟6階の3603というお部屋。ロビーから2号棟の長い長い廊下を歩き、やっとたどりついてエレベーターで6階にあがって、一度角を曲がると到着。このフロアの他のお部屋はもっと広いお部屋のようですが、3603もかなり広いんですよ。

f:id:noririn3103:20181013142556j:plain

他の部屋はもっと広いのか・・・

寝室とリビング

スタンダードタイプのお部屋で定員は2~4名。広さは60平米程度でしょうか。かなり広いです。大きなベッド2台にソファー、4畳半程度の畳の和室スペースもあります。これで室料は税込み15,660円。1人あたり8,000円弱ですからちょっとお得な感じがします。が・・・これで食事するとね・・・。それは後ほど。

f:id:noririn3103:20181008191432j:plain

部屋の入り口から寝室兼リビング方向

和室コーナー。一人分の座椅子というのが不思議な感じです。4人で泊まる場合はこの和室部分にお布団を敷くのでしょう。和室と寝室の間は引き戸で区切ることが可能。

f:id:noririn3103:20181008191459j:plain

リビング側から和室方向

部屋のお風呂

バスルームはバスタブと洗い場は別々。

f:id:noririn3103:20181008191701j:plain

バスルーム

バスタブの底を見ると、バブルバスなのかもしれません。大浴場があるので、私は部屋のバスは使いませんでした。なんかもったいないですね。ちなみにもっと広くて高いお部屋のバスは温泉のようですが、こちらのスタンダードルームのバスは温泉ではないようです。

f:id:noririn3103:20181009132733j:plain

泡の出るバスタブなのかも。でも一度も入らず

大浴場があるので、部屋のバスは正直私には不要で、その分お値段安い方がありがたいのですが、そうもいかないのでしょうね。

部屋のトイレ

トイレはもちろんウォシュレットですが、便器内の照明はなくても良いから、その分トイレの室内灯がもっと明るい方が嬉しいな。全体的に照明が暗くて、子供とか、夜にトイレに入るのに怖がりそうです。

f:id:noririn3103:20181008203714j:plain

トイレ室内はちょっと暗い。便器の中のあかりが怪しい

客室の備品

こんなにゴージャスなお部屋なので、備品類もそれなりに。お茶は緑茶だけでなくほうじ茶もあり、夜お茶を飲むのにGoodです。ここまでそろっているのなら、コーヒーのセットがあっても良いかも。

f:id:noririn3103:20181008203427j:plain

お茶のセットとお菓子

部屋のカギは2本貸してもらえます。別行動がとれるので便利です。

f:id:noririn3103:20181013142744j:plain

鍵は2つ。便利です

バスルームの備品は、歯ブラシ・石鹸・シャンプー・リンスはあるけど、化粧水や乳液はありません。化粧品類は大浴場にありました。ヘアブラシも部屋にはなく、大浴場にありました。部屋のお風呂が泡の出るお風呂のせいか、バブルバスの素がありました。

f:id:noririn3103:20181013141444j:plain

化粧品のたぐいはなし

部屋にバスタオルとフェイスタオルが4人分用意されています。大浴場に行く時には部屋のタオルを持っていく必要はなく、大浴場の受付でタオルを借りる仕組みでした。

f:id:noririn3103:20181013143257j:plain

部屋のタオル


Wi-fi

Wi-fiは客室内も使用できることになっていて、パスワードも表示されていましたが、サクサクつながるとはいかず、遅い印象。また部屋にはタブレットが用意されていて、館内の説明や大浴場の混み具合などもタブレットで確認できるのですが、こちらも表示されるまでにすごく時間がかかり、せっかちな私のニーズにはまったく答えられませんでした。ちょっと残念。

f:id:noririn3103:20181008204036j:plain

部屋に備え付けのタブレットは速度が遅くて使う気になれなかった

温泉

迷子になりそうな大浴場への道

せっかく温泉の大浴場があるので、さっそく入りにいきました。大浴場へは部屋のガウンとスリッパで行くことができるのは温泉旅館ぽくて助かります。3号棟から温泉までは実はとても遠いのです。エレベーターを2回乗り換え(つまり3台のエレベータに乗る)ます。迷子になりそう。何歩かかるのか数えたら220歩もかかりました。220歩って結構ありますよ。

2号棟の長い通路を歩き、2号棟のエレベーターに乗ります。

f:id:noririn3103:20181008192229j:plain

暗く長い2号棟の廊下

2号棟のエレベーターを4階で降りて、大浴場のある棟へ向かいます。渡り廊下は外が見えて開放的。

f:id:noririn3103:20181008192313j:plain

2号棟から渡り廊下を渡って隣の棟へ

大浴場は5階にあるので、左手のエレベーターで上がります。階段で上ることもできます。正面はエステルームの入り口。

f:id:noririn3103:20181008192348j:plain

左手のエレベーターで5Fへ。乗ったのと反対側が開くエレベーター

3号棟から3台のエレベーターを乗り継いでやっと大浴場の入り口にたどりつきました。受付で部屋番号と名前を書くと、ロッカーのカギとバスタオルと体を洗うタオルを貸してくれます。

f:id:noririn3103:20181013191901j:plain

大浴場の受付

鍵付きのロッカーは上下2段のレイアウト。冷水器もありました。

f:id:noririn3103:20181013192046j:plain



大浴場

大浴場は男女別で入れ替えはありません。内湯が一つ、露天は四つあります。露天のレイアウトはこちらの図を参考に。右から竹林の湯。4人くらいでいっぱいかな。ここは半分屋根がついています。岩風呂、ここは広いです。壺湯は2壺。月見の湯、ここも4~5人程度かな。

f:id:noririn3103:20181008203108j:plain

大浴場のレイアウト

それぞれ違う源泉のお湯が注がれているようです。

f:id:noririn3103:20181008204301j:plain

源泉はいくつか種類があります

泉質は壺湯だけがカルシウムとか、硫酸塩とかいろいろな成分が入っているようです。そう知って入るせいか、壺湯が一番温泉らしかったかも。

f:id:noririn3103:20181008204330j:plain

源泉は4つあるようですね

温泉は無色無臭なので、あぁ、これぞ温泉という感じはしませんが、でもお湯からあがった後はポカポカしていたかも。成分表によると、加水・加温しているそうです。でも源泉の温度は

大浴場内は他に入っている人がいたので写真はありません。洗い場は10箇所以上あり、まだ早かったせいか混雑はしていませんでした。翌日の朝も洗う場所は全く混んでいませんでした。洗い場には、シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔フォームが置いてあり、隣の人との間に壁のあるスタイルでした。シャワーの水圧はちょっと弱いけど、使うのに支障はありません。

 

食事

ホテルの中で食べると高い

食事は外で食べても良いのですが、私は一度温泉につかってのんびりしてしまうと、外に出るのがめんどくさいので、ホテルの中のレストランでいただきました。ちょっと奮発して、お値段高めの鉄板焼きをチョイス。飲み物つけたら一人17,000円くらいの食事。室料が1人8,000円で安い!と思っても、これでは結局1人25,000円。しかも朝食は別料金で2,613円。つまり1人27,600円くらいかかるわけです。このお値段だと高級旅館と変わりません。なるほど、離宮に泊まるなら、夕食は外で食べるのがよさそうです。という勉強になりましたが、鉄板焼きは美味しかったですよ。

 夕食

鉄板焼きもいくつかコースがあり、一番安いのが一人1万円。私はお肉が食べたかったので、お肉のコースにしました。

f:id:noririn3103:20181008203025j:plain

今夜のメニュー

お酒を飲まない私たちはノンアルコールのドリンク。これも右側のシャンパン風は1700円もしました!

f:id:noririn3103:20181008205048j:plain

飲み物

 

f:id:noririn3103:20181008205115j:plain

最初の前菜

f:id:noririn3103:20181008205147j:plain

お刺身

f:id:noririn3103:20181008205221j:plain

フォアグラのソテーとブドウのコンポート

 

f:id:noririn3103:20181008205246j:plain

スープも目の前の鉄板の上で温めます

f:id:noririn3103:20181008205420j:plain

マッシュルームのスープ。上品なお味

 

f:id:noririn3103:20181008205449j:plain

シェフに勧められて頼んでしまったフカヒレ

 

f:id:noririn3103:20181008205619j:plain

フカヒレのソテー これで9000円(涙)

 

f:id:noririn3103:20181008205642j:plain

蒸したお野菜

 

f:id:noririn3103:20181008205706j:plain

お肉はヒレとサーロインを焼き上げています

 

f:id:noririn3103:20181008205847j:plain

上等の焼き加減



f:id:noririn3103:20181008205913j:plain

塩やコショウをお好みでつけます

f:id:noririn3103:20181008205938j:plain

ガーリックライスと赤だしの味噌汁に香の物

f:id:noririn3103:20181008210114j:plain

デザート。ここでトラブル発生(トラブルの内容は後ほど)

夕食はスタート時間が、17時または20時の入れ替え制。17時に夕飯てちょっと早すぎるのですが、かと言って20時だと我が家では遅いので、17時スタートにしました。デザートまでで2時間たっぷりかかりましたが、途中でフカヒレを追加しているので、メニュー通りなら2時間以内で終わりそうですね。 

朝食

朝食は、ビュッフェ、和食、洋食から選択可能。ビュッフェはなんとなく落ち着かないので、洋食をチョイス。アメリカンブレックファーストだそうです。イチゴのジュースからスタートです。

f:id:noririn3103:20181008210418j:plain

いちごのジュースからスタート

続いて温かいスープ。コーンポタージュです。

f:id:noririn3103:20181008210602j:plain

コーンスープ

続いてオードブル。朝食にオードブルって・・・初めてです。

f:id:noririn3103:20181008210652j:plain

オードブル

こちらはメインディッシュで、右側はフレンチトースト、左側はガレットの上にポーチドエッグが乗っていました。

f:id:noririn3103:20181008211019j:plain

メインディッシュ

f:id:noririn3103:20181008211051j:plain

デザート

朝ごはんもディナーのようにコースで出てきてびっくりでした。1人2613円です。まぁそれくらいのお値段になってしまうのでしょうけれど、朝食は2000円以下で食べたいなぁ。

ちょっとトラブル

今回の滞在ではトラブルがありました。夕食のデザートを食べた時、小さなプラスチックのかけらが入っていたのです。口の中を切ることもなかったのですが、一言スタッフに伝えたら、まず鉄板焼きがある日本食レストランのマネージャーが部屋までお詫びに見えました。次の日、朝食を食べた後、料飲部の支配人が謝罪に見えました。チェックアウトする時も、手続きしている間に別のスタッフが支配人に連絡したようで、精算が終わると支配人が「〇〇さま」と声をかけてきて、謝罪。どこまでも丁寧でした。皆さんそれぞれに名刺を下さるので、3枚たまってしまった。名刺より、ドリンクただにしてくれるとか、お菓子のお土産くれるとか、そういう方が嬉しいなぁ。

まとめ

部屋の利用だけならルームチャージ制なので、4人で1部屋なんていう使い方だと安く泊まれますが、2人で利用だとあまりメリットがないかも。ホテル内の食事が高いので、節約するなら夕食だけでも外で食べると良さそうです。けれど、初めての場所はどこで食べれが良いのかわからないし、いちいち車で出ないとならない距離だと面倒ですね。食べてからチェックインだと温泉を十分楽しめないし、悩ましい。今回は食事の中でも一番高い鉄板焼きをチョイスしてしまい、かなりの費用になってしまいました。次に泊まるなら、食事は一番安いコースを選ぼうと思います。でも次回来ることあるかな?湯河原温泉を楽しむのなら、老舗の温泉旅館の方が私向きでした。