鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

平日は会社員、休日は鉄道(乗り鉄)と自転車での旅行を楽しんでいます。旅先での温泉とご当地マンホールの捕獲も楽しみ。旅行記メインのブログです。

MENU

四万川ダムの美しき四万ブルー。四万温泉滞在中の観光スポットとしてのダムと甌穴

群馬県の静かな温泉地、四万温泉。草津の湯畑のような観光スポットはないけれど、山間を流れる川にそって温泉宿が建つ風景はとても癒されます。そして山間の川と言ったら、やはり見どころはダム!!!(そんなの私だけ?) 四万温泉街を流れる四万川には上流に「四万川ダム」、下流側には「中之条ダム」があります。上流側の「四万川ダム」は美しいダム湖が有名。ということで行ってきました。

四万川ダム

四万川ダムの完成は1999年。ダムの種類としては、重力式コンクリートダムと言うのだそうで、堤防の高さは89.5m、幅は330mあります。4月末に行ったのですが、この時期は雪解け水の影響なのか、ダム湖はほぼ満水。そのせいか絶賛放流中でした。放流中のダムってあまり見たことないので、かなり感動。

 

 上の動画はダムの下にある「日向見公園」内から撮影していますが、画像を見ていただくと、川の水面すれすれから撮れています。そうなんです、放流された水が流れている川まで下りて行けちゃうんです。下の写真の階段の一番下の段が川と同じ高さです。

f:id:noririn3103:20190502195410j:plain

川まで下りて行ける階段

踏み出せばもうそこは四万川の中。気持ち良いけれど、子供があやまって川に流される、なんてことはないのでしょうか。柵がないのがちと信じられませんが、自己責任なのかも。

f:id:noririn3103:20190502195616j:plain

踏み出したらもう川の中

ダムに到着した時には雨が降っていて、これでは四万ブルーは拝めないかなと思っていたのですが、なななんと、晴れ間が出てきました。ということで、ダムの上に戻りましょう。

奥四万湖の四万ブルー

こちらが四万ブルーと名高いダム湖の奥四万湖。本当に真っ青です。雨があがり日がさしてきて、風がないと、周囲の山並みが湖面に映りこんでとても美しい。酸性の水で魚が住んでいないのでこのような色を呈するとか。青空と湖面の青、癒されます。

f:id:noririn3103:20190502201447j:plain

空も湖面も青い

ダムの天端(堤防の上の部分)は車で通れる

天端は車で通行可能ですが、一方通行です。ダム湖を時計回りに回って走ると天端を走ってもとに戻ります。

f:id:noririn3103:20190502202812j:plain

ダムの天端は一方通行ですが車で渡れます

堤高が89.5mありますから、上から眺めると足がすくむ高さです。

f:id:noririn3103:20190502202356j:plain

天端から下をのぞく・・・怖い

 天端から下を眺められるよう、ところどころにテラスが設けられています。サービスの良いダムですね。

f:id:noririn3103:20190502203047j:plain

テラスがついている

上の写真よりもっと突き出た展望台もあります。

f:id:noririn3103:20190502203151j:plain

上のテラスよりさらに突き出た展望台

先ほどいた「日向見公園」を見下ろしたら、こんな文字が書いてあります。「世のちり洗う四万温泉」。これは群馬県の郷土かるたの「上毛かるた」でうたわれているそうです。

f:id:noririn3103:20190502203750j:plain

世のちり洗う四万温泉

四万川ダムは地域に開かれたダムに指定されていて、地域の皆さんに親しまれるダムを目指しているそうです。その活動の一つとして、地元の子供たちが作成した陶板画が天端の両側にはめこまれていました。

f:id:noririn3103:20190502221952j:plain

天端両側の壁にはめ込まれた陶板画

ダム湖一周

ダム湖の周囲には道路がついていて、車でぐるっと回れます。そんな大きなダム湖ではなく4キロくらいでしょうか。途中には公園もあり、散策が楽しめます。

f:id:noririn3103:20190502222027j:plain

ダム湖側の公園

ダム湖はほぼ満水。公園の遊歩道すれすれまで水がきていました。

f:id:noririn3103:20190502222123j:plain

満水のダム湖

ゴールデンウィーク中ですが、桜が咲いていました。ダム湖の向こう岸に周遊道路のガードレールが見えます。

f:id:noririn3103:20190502222154j:plain

公園には桜が咲いていました

ダムカード

天端の脇にダムの管理事務所があり、そちらでダムカードをもらえます。

f:id:noririn3103:20190506093800j:plain

ダムカード

天端の両側に建物があり、どちらが管理事務所なのかぱっと見ただけではわかりづらいですが、車で時計回りにダム湖を回るのであれば、ぐるっとダム湖を回り、最後に天端を渡る手前にある建物がダムカードを配布している管理事務所です。下の地図のBの場所が管理事務所です。

 

四万温泉からのアクセス

四万温泉街のマップを見ると、四万川ダムもマップの中に出てくるし、観光協会のウォーキングモデルコースにも載っていて、温泉街からダムの下にある「日向見公園」までが30分とあります。距離はそれくらいかもしれませんが、勾配がありますからねー。私は車でアクセスしたのですが、温泉場からはずっと上りでした。歩くと案外大変そうだと思いながら運転していました。

中之条ダム

四万川の下流側には「中之条ダム」というダムがあり、四万温泉に向かって道路を走ってくると左手に見えます。道路わきに駐車場がありますし、10mくらい下ったところにはトイレもあるので、休憩場所としても便利です。堤高は42m、幅は118.2mと、四万川ダムより小ぶりですが、それでも下をのぞくと吸い込まれそうなゾクゾク感でした。 

f:id:noririn3103:20190506093954j:plain

中之条ダム

中之条ダムのダム湖も青いですが、魚はいました。

f:id:noririn3103:20190506094206j:plain

四万湖

ところで、四万川のダムとダム湖の名称が私にはちょっとややこしい。上流にあるのは、四万川ダムでダム湖の名前は奥四万湖。下流にあるのは中之条ダムでダム湖の名前は四万湖。奥四万ダムで奥四万湖、四万ダムに四万湖の方がわかりやすいのに、と思うのは私だけでしょうか。ナビで行先セットする時に毎回「あれ?なんていうダム湖だったっけ?」と思いました。まぁ間違えてところで、同じ道路上にあるのでさして問題にはならなかったのですが。

四万の甌穴群

四万温泉近隣の観光スポットとしてもう一つ、「甌穴」があります。水流によって川底の岩にできる丸い穴のことなのだそうです。四万温泉以外の地域にも見られ、中には国の天然記念物に指定されている場所もありますが、四万温泉の甌穴群は群馬県の天然記念物に指定されているそうです。道路を上っていくと、看板があるので、すぐわかります。

f:id:noririn3103:20190506095443j:plain

甌穴群の入り口

駐車場は無料。ここに車を停めて道路沿いに上流方向へ30mくらいあるくと、甌穴への入り口があります。

f:id:noririn3103:20190506095553j:plain

甌穴への入り口

入り口からは川に向かって階段を下ります。雨が降っていたのでちょっと滑りそうな会談。慎重におりました。

f:id:noririn3103:20190506095640j:plain

甌穴に向かう階段

階段の最後の部分は踏板が金網になっていて、雨だとますます滑りそう。手すりを持ちましょう。

f:id:noririn3103:20190506095828j:plain

最後の金網部分は雨だと滑りそう

階段を降り切ってみてみましたが、うーん、どれが甌穴なのか私にはよくわかりません。この水が溜まっているところがそうなのかな???

f:id:noririn3103:20190506095922j:plain

甌穴?

看板によると全部で8つの穴があるようで、大きなものだと直径が3m、深さが1.5mあるような穴もあるようです。

f:id:noririn3103:20190506100609j:plain

甌穴の大きさと深さを示す看板

上から眺めてみると、穴のようなものが見えますが、それが甌穴なのかどうか・・・。レイアウト図みたいなのがあるとわかりやすいかも。

f:id:noririn3103:20190506100801j:plain

上から甌穴群を見てみたけれど良くわからず

甌穴群の前にはバス停があるので、公共交通機関で四万温泉に来る方も立ち寄り可能です。

f:id:noririn3103:20190506101005j:plain

甌穴群のバス停

こちらは四万温泉から中之条方面行の時刻表ですが、1時間に1本程度あるようですね。

f:id:noririn3103:20190506101045j:plain

1時間に1本程度バスは走っているようです

甌穴群付近の散策は15分もあればできちゃうので、もしバスの時間を待つのであれば、駐車場内に洒落たカフェがあるので、こちらで時間をつぶすという手がありそうです。

f:id:noririn3103:20190506101206j:plain

甌穴群隣接のカフェ

まとめ

四万温泉近辺の観光スポットといっても、ダムだったり甌穴だったりと、こういう構造物や自然現象に興味のない方には観光スポットとは言えない地味なスポットです。草津温泉の湯畑みたいなものがあると、観光客がどっと押し寄せるのかもしれませんが、そういう有名スポットがない分、四万温泉は静かな温泉場を保てているのかもしれません。静岡からアクセスするには鉄道にしろ、車にしろ時間がかかり大変なので、1泊2日で行くのはちょっともったいない、と思い今回は長野県の渋温泉にも寄りました。四万温泉と長野県の温泉を組み合わせて、志賀草津道路の絶景ドライブを楽しみながら回るのは良いルートではないかと思いました。そういうルートで群馬県の温泉と長野県の温泉を2泊3日で回る旅はまた出かけたいと思います。

志賀草津ルートの絶景はこちら。 

tetsutorin.hatenablog.com

四万温泉では有形文化財の宿「積善館」に宿泊しました。素晴らしい宿でしたよ。宿泊記はこちらです。 

tetsutorin.hatenablog.com