鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

平日は会社員、休日は鉄道(乗り鉄)と自転車での旅行を楽しんでいます。旅先での温泉とご当地マンホールの捕獲も楽しみ。旅行記メインのブログです。

MENU

高山本線、2日に分けて完全乗車。大雪警報の中の雪見絶景路線

私が生息する静岡県からそう遠くない岐阜県。岐阜県を縦断するJR高山本線にはまだ一度も乗車したことがなかったのですが、川沿いに進む路線は景色が期待できます。今回、下呂温泉と湯田中温泉を組み合わせて全線乗車するプランを立てて乗ってきました。高山本線は昨年の豪雨で一部区間が不通状態だったのですが、11月にようやく復旧したこともあり、全線乗ってみようと思った次第。なお高山本線は2019年1月時点で交通系ICカードの使用はできませんでした。

特急「ワイドビューひだ」で下呂へ

名古屋駅から特急「ワイドビューひだ7号」で出発です。10:48発のこの列車、出発の15分くらい前にホームに行ったら、すでに入線していました。

f:id:noririn3103:20190129214714j:plain

名古屋駅にて

f:id:noririn3103:20190129213802j:plain

ワイドビューひだ

今回はせっかく展望席があるひだ号なので、奮発して展望車の最前席をゲットしました。その席はグリーン車なので、ちょっと高くついてしまいますが・・・。お金払った価値があるといいな~。ちなみにひだ7号のグリーン車は10号車です。かなり長い編成ですね。

f:id:noririn3103:20190129214027j:plain

グリーン車に乗車

高山本線は全線非電化なので、周囲の列車がみんなパンタグラフがついている電車なのに、ひだは気動車なのも楽しみです。

f:id:noririn3103:20190130200600j:plain

結構長い編成 気動車なのでパンタグラフはない

早速中に入ってみましょう。グリーン車の座席は2列+1列のレイアウト。2列側の窓側からA,B。1列の席がCなので私の座席は1Cという座席。

f:id:noririn3103:20190129214152j:plain

グリーン車の車内

座席は通路から一段上がって、景色がよく見えるように高くしてあります。

f:id:noririn3103:20190201200956j:plain

通路から一段高くしてある座席

前方の席に歩いていくと、ここでがっかり。私の席に荷物が追われていたのです。1A/Bや2A/Bに座っていた人の荷物でした。ちょっと信じられますか?まだ始発駅を出発していないのに、誰も来ないと思って荷物を置くってどういう神経しているんでしょう?ちょっとぷりぷりしながら着席しました。

f:id:noririn3103:20190129214612j:plain

最前席からの展望

座席周りの装備

座席はかなりゆったりしていて、もちろんリクライニングするのですが、リクライニングさせなくても十分くつろげました。

f:id:noririn3103:20190129215644j:plain

座席は広々

むしろ私のような体格では、リクライニングさせると、テーブルからの距離が遠くなってしまう感じがしました。

f:id:noririn3103:20190129215206j:plain

テーブル

前のテーブルに距離感を感じる場合は、ひじ掛けの中にもテーブルがあるのでこちらを使うこともできます。

f:id:noririn3103:20190130200003j:plain

ひじ掛けの中のテーブル

フットレストもありますが、私にはちょっと遠いかも。無理して使ってみました(笑)

f:id:noririn3103:20190129215318j:plain

フットレスト

日よけは上から下りてくるスクリーンではなく、カーテン方式。レースと厚手の二重なのはすごい。でもこれだと景色が見えなくなっちゃうんですよね。上から下りてくるスクリーンだと窓の上の方の日差しだけをカットして、窓の下の部分から景色が見えるので、車窓の景色を楽しみたい私にはスクリーンの方がありがたいのです。

f:id:noririn3103:20190129215342j:plain

カーテン

読書灯もついています。

f:id:noririn3103:20190129215409j:plain

読書灯

なかなか座席の装備は充実していますが、電源はありませんでした。

白煙と共に名古屋を出発

いよいよ出発です。出発時を動画で撮っていたら、反対方向にかっこいい貨物の機関車が遠ざかっていくのが見えました。それにしてもひだ号の排気ガス、すごいです。 

真っ白です。

f:id:noririn3103:20190129214945j:plain

すごい煙

岐阜までは10号車のグリーン車が最後尾。座席は後ろ向きになりますが、「岐阜で進行方向が変わります。20分くらいなので座席はそのままで」という録音されたアナウンスが流れます。 

f:id:noririn3103:20190129215026j:plain

岐阜までは後方展望

あ、ディーゼル機関車がいっぱいとまっています。前面というか後面展望なかなか楽しい。グリーン車代を奮発して良かった、とここまでまだ15分も乗っていませんが思いました。

f:id:noririn3103:20190129215110j:plain

機関車がいっぱいいる

 木曽川を渡ります。こういう鉄橋ビューが見られるのもはじっこの席だからこそです。

f:id:noririn3103:20190130202122j:plain

木曽川橋梁を渡る

岐阜駅から高山本線へ入る

名古屋を出て20分くらいで岐阜駅に到着。ここで私の前の運転室には車掌さんに代わって運転士が乗り込み、グリーン車が先頭となります。出発するといきなり前方を別の列車が走っています。げっ、ぶつかっちゃうじゃんと思いました。

f:id:noririn3103:20190130202438j:plain

列車に衝突?

と思ったら、高山本線は電車に挟まれた線路を下って行きました。

 

f:id:noririn3103:20190130202501j:plain

高山本線はどっかの路線に挟まれた路地を下りていくような感じ

 

架線がない単線になり、なんとなくひなびた感じがしてきました。旅情をかきたてます。

f:id:noririn3103:20190130202550j:plain

急にひなびた感じになってきました

 前面展望が楽しめてうれしい。天気にも恵まれました。

f:id:noririn3103:20190201132519j:plain

列車交換

運転席も楽しめます。

f:id:noririn3103:20190201132401j:plain

100km/hを超えるスピードのようです

車窓の景色

車内にアナウンスが流れ、進行方向右手に犬山城が見えるとのこと。犬山城は現存12天守の一つなので、実は今回の旅で寄ってみようかなとも思ったのですが、鉄路の都合で今回はパスしました。遠くからでも眺めることができるのは嬉しいです。

f:id:noririn3103:20190201132824j:plain

現存12天守の一つ、犬山城が見える

やがて木曽川が右側に沿うように見えてきます。このあたりが日本ラインという景勝地のようで、車内アナウンスがありました。

f:id:noririn3103:20190201133211j:plain

日本ライン

前方に雪山が見えてきました。テンションがあがります。

f:id:noririn3103:20190201133943j:plain

雪山が前方に見えてきました

岐阜を出て最初の停車駅である美濃太田駅に到着。JR太田線、長良川鉄道の起点・終着駅でもあるので、線路がたくさんうねうねしていますね。

f:id:noririn3103:20190201134058j:plain

美濃太田駅

ここで上りの特急ひだと列車交換。

f:id:noririn3103:20190201134152j:plain

上りのひだと列車交換

美濃太田を出ると、ひだ7号は下呂まで停まりません。次の見どころは「飛水峡」。下麻生、上麻生の駅を通過したら飛水峡です。車内のアナウンスがあります。

が、手前の道路と植え込みであまりよく見えないです。車で行った方が絶景かも。

f:id:noririn3103:20190201135503j:plain

飛水峡付近

ダムの近くも通過。

f:id:noririn3103:20190201135631j:plain

上麻生ダム(だと思う)

f:id:noririn3103:20190201135918j:plain

右手に飛騨川

飛騨川を鉄橋で渡ります。これも前面展望の恩恵。鉄橋だ、鉄橋だ、嬉しいな~と心の中で思います。

f:id:noririn3103:20190201140003j:plain

第二飛騨川橋梁を渡る

山間に入ってきた感じがします。

f:id:noririn3103:20190201140108j:plain

何度も川を渡ります

f:id:noririn3103:20190201140154j:plain

川面が美しい

川(ダム湖)ぎりぎりに敷かれた線路。素晴らしい眺め。紅葉の時期も良さそうです。

f:id:noririn3103:20190201140318j:plain

絶景です

日陰に雪が残っていますね。山奥に入ってきた感があります。

f:id:noririn3103:20190201140432j:plain

日陰に雪が残っています

ビルが見えたりして少し開けた場所に出てきました。どうやら下呂が近いようです。

f:id:noririn3103:20190201143740j:plain

ビルが見えたりして温泉街が近づいてきました

下呂駅の手前で列車交換。これも特急ひだのようです。特急ひだは本数が多くて助かりますね。

f:id:noririn3103:20190201144259j:plain

下呂駅の手前で列車交換

下呂駅

下呂駅に到着しました。

f:id:noririn3103:20190201144507j:plain

下呂駅に到着

下呂駅の上り線ホームには温泉がわき出る噴泉塔が設置されています。

f:id:noririn3103:20190201144915j:plain

上り線ホームの噴泉塔

下りの特急ひだで下呂駅に到着すると、この噴泉塔に寄らずに改札を出てしまいます。かすかに硫黄の香りがして、ぬるぬるっとした触感が楽しめる温泉が出ているので、是非、跨線橋を渡って楽しんでください。

f:id:noririn3103:20190201145013j:plain

ぬるぬるっとした感触の温泉

今回は下呂温泉の宿に一泊し、下呂から富山までは翌日乗車しました。宿泊したのは、下呂温泉の老舗旅館、有形文化財の指定を受けた湯之島館です。宿泊記はこちらです。

 

tetsutorin.hatenablog.com

下呂から富山へ

下呂に到着した時には晴天で、温泉街に雪はなかったのですが、夜に雪が降り、大雪警報が日本海側に発令される始末。富山までは雪見路線になりそうで嬉しいですが、無事通り抜けられるのかちょっと心配になってきました。同じように日本海側に出る大糸線は運行中止とのこと。

f:id:noririn3103:20190201145452j:plain

北陸側では運行に影響が出ています

でも高山本線は平常通りの運行とのこと。信じて出発しましょう。

f:id:noririn3103:20190201145620j:plain

高山本線は平常通りの運行

下呂駅は列車が来る直前に改札が始まるので、自由にホームに入ることができません。駅舎の中は乗客でごったがえしていましたが、かなりの数が海外からのお客さまでした。ホームに出てみると、下呂駅周辺は特に雪の影響はなさそうです。

f:id:noririn3103:20190201150519j:plain

雪の影響はない下呂駅

さて、富山に向かう特急ひだ3号が入線してきました。ホームにはたくさんの人が待っています。たぶん高山に向かうのでしょう。特急ひだは、下呂を出ると高山までノンストップで走ります。

f:id:noririn3103:20190201150546j:plain

特急ひだ3号が到着

この日もせっかくなので前面展望が楽しめるグリーン車1C席を予約しました。

f:id:noririn3103:20190201152529j:plain

今日もグリーン車

下呂駅を出発し、飛騨川を渡って進みます。

f:id:noririn3103:20190201152610j:plain

飛騨川の鉄橋を渡る

こちらは前日に温泉街を歩いている時に撮影したものですが、こんな具合に鉄橋を渡るわけですね。

f:id:noririn3103:20190202145415j:plain

鉄橋を渡る高山本線の列車

15分も走ると、いきなり雪の量が増えてきてびっくり。ちなみにこの駅は、上呂(じょうろ)駅。下呂駅は温泉街で栄えていて特急も停まるのに、上呂駅は通過です。

f:id:noririn3103:20190201152822j:plain

雪の量が増えてきました

降る雪の量も増えてきて、先行き不安になってきます。

f:id:noririn3103:20190201153021j:plain

雪が強くなってきました

運転士さんがどこかと電話で話しています。途中で運行打ち切りされたらどうしようと不安になってしまいます。

f:id:noririn3103:20190201153223j:plain

運転士さんがどこかと電話

下呂を出て40分ほどで高山駅に到着。ここでひだ号は後ろが切り離されてしまいます。ここから先はあまり人が乗らないのかもしれません。グリーン車の中も私を含めて4人くらいしか乗っていませんでした。

f:id:noririn3103:20190201161405j:plain

高山駅に到着

 高山駅の付近は雪もそれほど多くなく、晴れ間も見えていましたが、またしても雲行きが怪しくなってきました。目の前の茶色のビニール袋には、高山駅で交代した運転士さんのランチが入っている模様。

f:id:noririn3103:20190201163050j:plain

またしても雪が降り出した

速度計は80キロくらいでしょうか。岐阜駅を出たばかりの頃は110キロくらいだったので、ちょっとゆっくり走っている感じです。山間部ですから仕方ないですね。

f:id:noririn3103:20190201163242j:plain

時速は80キロくらい?

飛騨国府駅で列車交換。ますます雪は強くなってきました。

f:id:noririn3103:20190201163507j:plain

飛騨国府駅

飛騨古川駅では、跨線橋からこちらにカメラを向けている方が何人か。雪景色を走る特急ひだの撮影ですね。

f:id:noririn3103:20190201163749j:plain

飛騨古川駅

すっかり雪国。でも順調に特急は進んでいきます。景色を見逃したくないけれど、トイレにも行きたかったので、ここでトイレ。トイレは男女兼用の普通のタイプ。前は男性が使ったのでしょう、便座があがったままでした。特急クラスは男女別のトイレを設けてほしいです。

f:id:noririn3103:20190201202337j:plain

トイレはごく普通

雪の山間部を進みます。

f:id:noririn3103:20190201163947j:plain

すっかり雪国

右手の川の景色は水墨画のようです。下呂に着くまで、右側を流れていた飛騨川は、列車の進行方向と逆向きに流れていましたが、このあたりの川は宮川か神通川だと思いますが、分水嶺を越えているので、列車と同じ方向に流れています。

f:id:noririn3103:20190201164040j:plain

宮川か、神通川

モノトーンの世界。こういう景色が見られるなんて、昨日は思ってもみませんでした。とても満足できる鉄道旅です。

f:id:noririn3103:20190201164205j:plain

線路は続くよ、雪の中

猪谷からはJR西日本区間

次の停車駅は猪谷。ずいぶんさびれた駅の風情ですが、ここから先はJR西日本の区間なので、乗務員の交代があります。雪の中で待っている乗務員さんが寒そうです。

f:id:noririn3103:20190201164512j:plain

猪谷駅

普通列車もカラーリングがJR東海とは異なります。

f:id:noririn3103:20190201164604j:plain

JR西日本の普通列車

猪谷駅を出ると、少し青空が見えるようになりました。

f:id:noririn3103:20190201164726j:plain

青空がのぞく

ダムがあったりしますが、だいぶ平地に降りてきた感じがします。

f:id:noririn3103:20190201164824j:plain

神通川のダム

神通川を渡ります。

f:id:noririn3103:20190201164925j:plain

神通川を渡る

 最後の停車駅、越中八尾駅に停車。

f:id:noririn3103:20190201201946j:plain

越中八尾駅

終点富山駅まではあと15分くらいなのですが、一瞬雪が強まりました。富山に着いたあとは、長野に向かうのでこの先も順調に進めるといいなと願いつつ。

f:id:noririn3103:20190201202046j:plain

あ、また真っ白

大丈夫のようです。北陸新幹線の高架が見えてきました。

f:id:noririn3103:20190201202151j:plain

北陸新幹線の高架をくぐる

富山駅が見えてきました。この辺りは線路に水を撒いています。雪国らしい設備ですね。私の地元では絶対見られない設備です。

f:id:noririn3103:20190201202746j:plain

線路に水をまいている

富山駅に到着。ひだ3号、雪の中をたくましく走ってくれてありがとう。絶景でしたよ~。また乗りに来るからね。思っていたよりたくさんのお客さんがおりてきました。ここから金沢とかに行くのかな?

f:id:noririn3103:20190201203207j:plain

富山駅に到着

富山駅で

乗り換えに少し時間があったので、改札を出て富山駅前を少し散策。富山と言えば、そうでした、スタイリッシュな路面電車が走っているんですよね。さっそく見かけました。

f:id:noririn3103:20190201203433j:plain

スタイリッシュな路面電車

この先も遅れはほとんどないようで、まずは安心。けれど構内放送で、金沢から関西に向かう特急サンダーバードは、湖西線が雪で一部不通のようで、琵琶湖の東側を迂回するルートを取るので、京都や大阪への到着が予定より30分程度遅れる、と言っていました。運休にしないでちゃんと走らせるところが素晴らしい!

長野駅へ

本日の目的地は、長野県の湯田中温泉です。まずは北陸新幹線で長野駅へ向かいます。北陸新幹線は東京-糸魚川の間しか乗ったことがないので、今日は初めての区間に乗車できてワクワク。

f:id:noririn3103:20190201203703j:plain

はくたかで長野へ

途中晴れていれば立山連峰が見えたのかもしれませんが、この日は大雪で視界不良です。

f:id:noririn3103:20190201203827j:plain

立山連峰が見えたら素敵だったのに

長野駅から湯田中温泉へ

長野から湯田中温泉へは、長野電鉄という私鉄に乗ります。乗り場がJRからちょっと離れているので、小走りに走りました。ICカードが使えないので、券売機で切符を買う時間も必要です。長野駅から湯田中温泉の最寄駅である湯田中駅まで1,160円でした。

f:id:noririn3103:20190201204841j:plain

片道1160円

気になる天候ですが、この辺りは雪。1mmというのがどの程度の雪なのかさっぱりわかりませんが、ネット情報では長野電鉄は雪ではめったに停まらない鉄道なんだそうです。

f:id:noririn3103:20190201205047j:plain

雪でも走れる長野電鉄

長野電鉄の長野駅ホームは地下。なるほど、地下を走る部分は確かに大丈夫ですね。

f:id:noririn3103:20190201204420j:plain

長野電鉄の普通列車に乗車

長野電鉄は3つ目の善光寺下駅までは地下を走ります。その後地上に出て、大雪の中を走ります。湯田中駅は、長野電鉄の終点で、普通列車に乗った場合、途中須坂か信州中野駅で列車を乗り継ぐ必要があります。意外に時間がかかり、1時間ちょいかかります。特急だと乗り換え不要で45分くらいでついてしまう列車もあるようです。行きに乗ったのはロングシートの普通車だったので、あまり写真は撮れませんでしたが、少し紹介。

なかなか趣がある駅舎の中野松川駅。

f:id:noririn3103:20190201205825j:plain

中野松川駅

次の信濃竹原駅も木造駅舎でした。

f:id:noririn3103:20190201210005j:plain

信濃竹原駅

1時間に1~2本のペースで走っているようなので、駅めぐりをするのも楽しいかも。途中には小布施などの観光地もあるんですよ。

こんな車両も走っています。明日は特急に乗る予定なのであの車両かも。

f:id:noririn3103:20190201210338j:plain

特急

そうこうしているうちに終点の湯田中駅に到着です。今日2つめの終点マークですね。

f:id:noririn3103:20190201210046j:plain

終点の湯田中駅

普通列車、お疲れ様でした。

f:id:noririn3103:20190201210243j:plain

お疲れ様でした

改札を出て、今夜の宿に向かうことにします。

f:id:noririn3103:20190201210419j:plain

ちょっとレトロな雰囲気の改札

駅舎はこんな感じです

f:id:noririn3103:20190201210456j:plain

湯田中駅の駅舎

でも昔はこちらが駅舎だったらしい。

f:id:noririn3103:20190201210531j:plain

旧駅舎 今は展示室

湯田中では加命の湯という宿に泊まりました。宿の情報はこちらです。 

www.frostmoonweb.com

湯田中駅の近くには、湯田中温泉以外に、ちょっと奥までいくと渋温泉という温泉街があります。どちらも大変良い温泉でおススメです。私もまた行きたいと思います。