鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

主に鉄道で行く温泉を楽しみ、旅の記念にマンホールの捕獲を楽しんでいます。宿の宿泊記やマンホールカードを紹介しています。

MENU

隠岐のステキな絶景宿、Entôまでのアクセス方法

2022年6月に3泊4日で隠岐に出かけました。隠岐は島根県の沖合約60キロの日本海にある島です。本土から離れているので、飛行機か船で海を渡る必要があります。行く前までは便数が限られて不便かな…と思いましたが、実際に行ってみると自分が行ったルート以外にも行く方法はあり、案外便利にできていることがわかりました。隠岐は自然も食べ物も人も宿も良かったので、是非また行こうと思います。次回はどうやってアクセスするかを考えてブログにまとめました。ダイヤは2022年6月時点のものです。宿泊は島前にある菱浦港近くのEntô(エントウ)がお気に入りなので、菱浦港まで行くルートと時間で考えています。

隠岐の基礎知識

隠岐は島後と呼ばれる大きな丸っこい島と、島前と呼ばれる3つの島からなる領域に分かれています。本土から見て奥にあるのが島後、手前にあるのが島前です。下の地図で本土から海上に点線が何本か出ていますが、これが航路で、高速船や大型のフェリーが海上を走る。

空港は隠岐の島町がある島後に一つあります。本土からの船が入る港は、島後にも島前の3島にもそれぞれあります。つまり、島後にのみ行くのであれば、飛行機だけでも行けますが、島前に行くには船に乗る必要があります。私のお気に入りの宿、Entôは島前にあるので、必ず船に乗ることになります。

本土から隠岐空港まで飛行機+船

空港は島後にあります。本土からは伊丹空港から1日1往復、出雲空港からも1日1往復です。

伊丹空港から行く

初めての隠岐は伊丹空港からの便を利用しました。伊丹空港13時30分発なので、静岡を新幹線で朝9時頃出発すれば、この便に乗ることができます。

上空から見た伊丹空港

短距離なので、プロペラ機かと思っていたら、ジェット機でした。到着は14時20分なので、飛んでいる時間は40分くらいでしょうか。眼下に明石大橋が見えたと思う頃、飛行機は右旋回して山陰方向へ。

眼下に明石大橋

日本海に出るともう降下していて、やがて隠岐の島々が見えてきます。

隠岐 島前の島々

着陸の直前には島後の美しい海と入り江も。

島後の景色

隠岐の空港は小さい空港で、機外に出たらもう出口、というサイズです。

隠岐の空港に到着

14時20分に到着したあと、Entôがある菱浦港には、18時5分に島後の西郷港を出る高速船まで便がありません。ちょっと時間があるので、島後の観光をするのがおススメ。

www.frostmoonweb.com

と、初めての隠岐は静岡から新幹線で新大阪へ行き、バスで伊丹空港に移動して、隠岐行の飛行機に乗りましたが、結構時間がかかります。のぞみが止まらない静岡から伊丹空港に行くのに2時間半くらいかかり、空港までも30分はかかります。次回は次から紹介するルートのいずれかにしようと思います。

羽田に近い方は早朝の出雲便が便利

出雲空港からも隠岐空港行の便がありますが、出雲空港を朝9時出発です。羽田を7時10分発の便で出雲空港に向かうと、9時に出雲空港を出発する便の乗り継げます。これだと10時前には隠岐に到着することができて、ものすごく便利だと思います。

羽田発はかなり便利

9時半に島後にある隠岐空港に到着した後、Entôがある菱浦港に向かうには、12時5分に島後の西郷港を出発するフェリーに乗ると、13時15分に菱浦港に到着。もう少し島後を楽しんでから向かうのであれば、西郷港を13時30分に出る高速船を利用し、島前の別府港で内航船に乗り換えて菱浦港に向かう方法もあります。

静岡に住む私が7時10分羽田発に乗るには、東京に前泊が必要になってしまうので、このルートは私にとっては選択できませんが、羽田発7時10分発を利用できる皆さんにはとても便利なルートだと思います。

飛行機+本土からの船で行く

静岡空港から出雲空港経由で行く

静岡には静岡空港があり、ここから出雲空港に直行便が飛んでいて、山陰に向かうにはかなり便利です。静岡空港を8時半出発で、出雲空港には9時45分着。残念ながら9時出発の隠岐行には間に合いません。けれど静岡空港から出雲行きの便は、以下のルートだと本土をお昼に出る高速船利用はできそうです。松江で隠岐汽船接続バスへの乗り換え時間が10分しかないので、ここで乗り継ぎが間に合うかどうかがカギです。

交通機関 FDA 空港連絡バス 隠岐汽船接続バス 高速船 内航船
発着場所 静岡空港発 出雲空港着 出雲空港発 松江駅着 松江駅発 境港着 境港発 別府港着 別府港発 菱浦港着
時間 8:30 9:45 9:55 10:30 10:40 11:20 12:00 14:05 14:10 14:17
費用 ¥12,000 ¥1,050 ¥1,050 ¥6,680 ¥300

菱浦港に入る高速船
12時発の高速船に間に合わなかったら

もし乗り継げなかった場合は、松江で時間をつぶし、松江駅を13時5分発の隠岐汽船接続バスに乗り、14時25分に境港を出るフェリーに乗れば、菱浦港には17時半には到着でき、しかも高速船より安いです。

交通機関 フェリーしらしま 内航船
発着場所 境港発 別府港着 別府港 菱浦港
時間 14:25 17:05 17:20 17:27
費用 ¥3,510 ¥300

フェリーは大型で上記の表のお値段は2等の料金ですが、特別室なんかもあります。2時間くらいなので、甲板で海風に吹かれながらの船旅も良いかも。

菱浦港に入る本土からのフェリー

高速船の方がよいのであれば、松江で時間をつぶして、松江駅を15時40分に出る隠岐汽船接続バスに乗り、七類港を16時50分発の高速船に乗れば、菱浦港には18時36分に到着します。こちらのルートは内航船に乗り換える必要はないです。

羽田空港から米子空港経由で行く

静岡に住む私が羽田を朝7時10分に出発する便に乗るのは厳しいですが、羽田を9時15分に出る米子空港行は乗れそうです。これで定刻に米子空港に到着できれば、境港を12時に出る高速船に間に合います。

交通機関 ANA タクシー 高速船 内航船
発着場所 羽田発 米子空港着 境港発 別府港着 別府港発 菱浦港着
時間 9:15 10:35 10km,20分くらいか? 12:00 14:05 14:10 14:17
費用 ¥18,000 ¥3,000 ¥6,680 ¥300

米子空港着が遅れて12時発の高速船に間に合わない場合は、先ほど紹介したフェリー利用、あるいは夕方の高速船利用で、その日のうちに菱浦港まで行くことができます。

アクセスの注意点

ご紹介した時刻は2022年6月のダイヤを元にしています。隠岐への船便は冬になると便数が減り、特に高速船は夏は2往復だったのが1往復になるので、行く前にはしっかりダイヤを確認するのが大事です。

内航船はかなり便利

高速船やフェリーで隠岐に渡った後、目的の港までは内航船に乗ることもあります。この乗り継ぎが間に合わなかったら・・・と不安になるかもしれませんが、内航船のダイヤはよくできていて、本土からの船を待ってから出港してくれるので、乗り継ぎを不安に思う必要はありません。内航船はいわば路線バスのような感覚で乗れて楽しいです。

隠岐の島旅のリンク

隠岐汽船の時刻表

こちらの公式サイトに時刻表と運賃が出ています。

www.oki-kisen.co.jp

私の宿泊記や隠岐の滞在記

こちらはEntôの宿泊記です。

www.frostmoonweb.com

初めての隠岐で一番感動した場所が摩天崖でした。陸からも海からも楽しめます。

www.frostmoonweb.com

初めての隠岐、3泊4日の全体はこちらです。

www.frostmoonweb.com

ステキな絶景宿、Entô

公式サイトはこちらです。是非連泊で楽しみたい。

ento-oki.jp

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村