鉄道と自転車でプチ冒険に出よう

主に鉄道で行く温泉を楽しみ、旅の記念にマンホールの捕獲を楽しんでいます。宿の宿泊記やマンホールカードを紹介しています。

MENU

鉄道の駅から歩いて行ける1人泊OKの温泉宿リスト

2017年頃から鉄道で一人旅に出ることが多くなり、宿泊先には温泉宿をよく選びます。温泉宿が駅から徒歩圏内だと、駅から宿までの交通手段を気にする必要がなく、ブラブラ歩いて行くと運動になるだけでなく、その土地の様子が分かったり、ご当地マンホールにも出会えて楽しいものです。こちらの記事では、実際に私が駅から歩いて泊まったことがある宿を集めてみました。私は客室数があまり多くなく、静かに過ごせる宿が好みです。一人で泊まった宿をリストアップしていますが、2人で泊まったけれど、1人泊プランがある宿や、駅から歩けるけれど泊まった時は車で出かけた、なんて宿は番外編に入れています。駅から歩く時間はMAX30分です。

東北地区

宮城県東鳴子温泉 旅館大沼

旅館大沼の貸し切り湯の一つ

東鳴子温泉の最寄り駅は陸羽東線の「鳴子御殿湯駅」です。東京から向かうのなら、東北新幹線の古川駅で陸羽東線に乗り換えるのが便利です。旅館大沼の温泉は昔の表示で言う重曹泉で、お肌の老廃物を除去する作用がある美人の湯でもあります。無料の貸切風呂が複数あり、一人旅でのんびり楽しめます。日本の秘湯を守る会の会員宿です。

www.frostmoonweb.com

駅からは徒歩5分ほどです。温泉街はありますが、隣の鳴子温泉に比べると寂しい感じです。

駅舎近くで見かけた鳴子のマンホールです。

鳴子のマンホール

福島県 飯坂温泉 双葉旅館

飯坂温泉は駅前に充実した温泉街が広がります。温泉宿の数も多いのですが、私が泊まったのは部屋数が8室と少ない温泉宿です。飯坂温泉のお湯は少し熱くて、入るのにあちっとなりますが、入ってしまうと不思議とじんわりしてきて、もう少し入っていようかな、と思う温泉でした。

www.frostmoonweb.com

飯坂温泉の最寄り駅は、福島交通の終点飯坂温泉駅です。双葉旅館までは徒歩15分ほどです。

飯坂温泉のマンホールは有名な「鯖湖湯」がデザインされています。是非マンホールカードとして発行してほしいご当地デザインです。

飯坂温泉のマンホール

関東地区

神奈川県 箱根湯元温泉 はるのひかり

1人用のお部屋

最寄り駅は小田急線の箱根湯本駅です。「はるのひかり」は温泉と食での「養生」を大切にしている宿です。もともとが一人で湯治に来る方を受け入れているような宿なので、いつでも土曜の夜でも一人泊ができるプランがあります。豪勢で大量なメニューの食事ではないですが、静かに身体によい食事と温泉を楽しむには良い宿です。今までに2回宿泊しています。

www.frostmoonweb.com

箱根湯本駅から歩くと20分ほど。川を渡ってからが結構急な上りなので、行きはバスやタクシーを利用する方が良いかも。

神奈川県 箱根木賀温泉 KKR箱根宮ノ下

宿の名前のKKRは国家公務員向けの宿泊施設ですが、一般の人も宿泊できます。公共の宿なので豪華さはないし、建物に古さも感じますが、スタッフの数が多く皆さん親切で、お料理も美味しくいただきました。

www.frostmoonweb.com

最寄り駅は箱根登山鉄道の宮ノ下駅。宮ノ下駅からはGoogle mapだと16分と表示されますが、最後の上り坂がめちゃくちゃ勾配がきついので、もうちょいかかる印象です。宿に連絡すれば車で送迎してくれます。歩きたくないなとか荷物が多い時には送迎してもらう方が良いでしょう。私は行きは歩いて頑張って坂を上り、帰りは車で送ってもらいました。

群馬県 湯檜曽(ゆびそ)温泉 林屋旅館

林屋旅館のお風呂

私の好きな温泉宿の一つで、今までに2回宿泊しています。谷川岳に近いので、宿泊の前後にロープウェイを利用して天神峠からの絶景を楽しんだり、一の倉沢まで片道1時間のハイキングにも便利です。また上越線の水上と越後湯沢の間は、鉄道ファンなら何度でも行きたくなる、日本一のモグラ駅や湯檜曽ループもあり、楽しめます。

www.frostmoonweb.com

www.frostmoonweb.com

最寄り駅は上越線の湯檜曽駅で、駅からは徒歩5分ほど。駅から近いのは良いのですが、湯檜曽駅に停まる列車は1日に数本しかないので要注意です。

チェックアウト後に湯檜曽駅から上り列車に乗るのなら、発車時刻より少し前に駅についていることをおススメします。湯檜曽ループを下りてくる列車を駅のホームから見ることができます。

ループを下りてくる上り列車

甲信越

新潟県 越後田中温泉 しなの荘

千曲川が信濃川に名前を変えるあたり、ということは長野県から新潟県の県境付近にある一軒宿です。日本の秘湯を守る会の会員宿で、宿の公式サイトにも一人旅歓迎をうたっています。飯山線で雪見鉄を楽しんだ時に泊まりました。温泉は自家源泉でやや褐色がかったお湯が特徴です。源泉の温度が低めなので加温しています。信濃川を眺められるお部屋に泊まりました。

www.frostmoonweb.com

宿の公式サイトはこちらです。

www.tsunan-kanko.co.jp

最寄り駅は飯山線の越後田中駅で、駅からは歩いて5分ほど。周囲にはお店やコンビニの類はなく、たいへん静かな環境です。駅に泊まる列車の本数も少ないので向かう場合は時刻表を確認してから行きましょう。

 

 

長野県 別所温泉 花屋

花屋の温泉

長野県にある温泉です。その名もずばり「別所温泉駅」という鉄道の駅があり、鉄道でのアクセスは抜群です。硫黄の香がしてお肌がツルツルになる美人の湯です。私が宿泊したのは駅からほど近い老舗旅館の「花屋」さんです。私が宿泊した時には土曜日の一人旅プランもありましたが、2022年8月時点で調べてみたら、土曜日の夜は一人旅プランの空室はありませんでした。

www.frostmoonweb.com

最寄り駅は上田電鉄の終点の別所温泉駅です。北陸新幹線の上田駅から30分くらいの乗車時間です。1時間に1~2本出ています。途中の駅舎がレトロ感たっぷりで旅情を誘います。

別所温泉駅

駅から旅館花屋さんまでは歩いて5分ほどです。

別所温泉は温泉街が充実していて、オシャレなカフェや神社仏閣、足湯などがあり、散策も楽しめる温泉です。宿の軒数も多く、一人旅を受け入れている宿は花屋さん以外にもありました。温泉街は駅から上り坂斜面なので、温泉街の奥の方の宿の場合は歩くより送迎をお願いするほうが良いかもしれません。

www.frostmoonweb.com

長野県 湯田中温泉 加命の湯

冬は炬燵が嬉しいお部屋

全6室のこじんまりした宿ですが、その分ご主人と女将さんの気配りが行き届いて、快適な滞在ができた宿でした。お風呂は湯田中温泉の老舗旅館「よろづや」さんのお風呂にも入れて、夕食もよろづやさんでいただきました。

www.frostmoonweb.com

最寄り駅は長野電鉄の終点、湯田中駅です。駅からは徒歩5分とアクセスも良いです。温泉街があり立ち寄り湯もあります。

駅の近くにはこの地区のデザインマンホールが設置されていました。

湯田中温泉がある山ノ内町のマンホール

また駅には日帰り温泉が併設され、駅前には無料の足湯があるので、列車待ちの間につかるのも良いです。

駅前足湯

長野県 下伊那郡天龍村  龍泉閣

温泉宿というよりは、ビジネスホテルという感じの宿です。温泉は近所の温泉からお湯を運んでいるそうで、源泉かけ流しとはいきません。食事も一人旅だととんかつ定食のような食事でしたが、本数が少ない飯田線で秘境駅めぐりを楽しむには、一人でも泊まれて、駅直結の宿で助かりました。

www.frostmoonweb.com

東海

静岡県 熱川温泉 潮風旅館

熱川温泉は読んで字のごとく、高温の温泉が大量に噴出する温泉です。宿泊したのは海沿いにある宿で、廃業した宿をリノベした感じでした。2019年に土曜日の夜に1万円以下で泊まれるということで宿泊しましたが、宿泊日まで電話しても全然連絡がつかず、お料理もいまいちで、コスパが良いとも、おススメ宿とも言えないのですが、2022年の楽天トラベルの口コミを見ると改善されているのかも。

www.frostmoonweb.com

熱川温泉は伊豆急行線の熱川駅前に温泉街が広がり便利なのですが、なんとなく昭和の雰囲気で、オシャレなカフェとかあれば、もう少しにぎわいそうなのに・・・と思います。

近畿・中国

和歌山県 紀伊勝浦温泉 万清楼

那智の滝の観光にも便利な紀伊勝浦温泉の中にある料理旅館です。温泉は硫黄泉。この界隈では洞窟風呂のホテル浦島が有名ですが、ホテル浦島とは姉妹館になっているので、ホテル浦島の温泉も利用可能な宿です。旅館のスタッフ皆さんが親切でてきぱきとした接客がとても心地よかったです。

www.frostmoonweb.com

最寄り駅は紀伊本線の紀伊勝浦駅で、駅からは平地を徒歩7分ほどと近いのですが、我が家からだと紀伊勝浦駅がめちゃくちゃ遠かったです。なんせ紀伊半島の南端に近い場所なので、特急にのっても名古屋からも大阪からも4時間ほどかかります。

遠かったけれど、以前から行ってみたいと思っていた那智の滝にも行けて、満足度の高い鉄道旅ができました。

www.frostmoonweb.com

鳥取県 東郷温泉 水明荘

旅に出るまで全くノーマークの温泉でした。東郷湖という湖のほとりにたつ国民宿舎です。公共の宿なので華美な設備や食事はないし、食堂も朝食時は混雑するので、万人におススメというわけではありませんが、距離の長い山陰本線にGW中に乗る時に、ちょうどこの辺りで一泊したい、と言う時に1人で泊まれて助かりました。お値段もリーズナブルでした。

www.frostmoonweb.com

最寄り駅は山陰本線の松崎駅です。駅からは平地を歩いて5分ほどで到着です。中国の建物を思わせる独特の外観なのですぐわかります。

九州

大分県 由布院 楓の小舎

別府と並び、大分県を代表する温泉である由布院。駅前には温泉街が発達していて、たくさんの温泉宿に加え、カフェやお食事処、お土産物屋さんがたくさん並びます。こちらの宿に泊まった時には実は2人で宿泊していますが、1人旅用のお部屋があるので、1人旅でも大丈夫なのでリストに加えました。全室に源泉かけ流しのお風呂がついているのが嬉しいです。

www.frostmoonweb.com

最寄りの鉄道駅は久大本線の由布院駅で、宿までは25分と少し時間がかかりますが、お土産物屋さんを覗いたり、金鱗湖近くのカフェで休憩しながら向かいました。

番外編

ここまで紹介してきたのは実際に歩いて行った温泉宿ですが、泊まったのは駅から遠い宿だけど、駅から歩いて行ける所に宿がある温泉や、実際には2人で泊まったけれど、一人旅プランがある宿、車で行ってしまったけれど、駅から歩いても行ける1人泊OKの温泉宿は他にもあります。

宮城県 鳴子温泉

陸羽東線の鳴子温泉駅前に広がる大きな温泉地で、いろいろな泉質の温泉が楽しめます。秋には鳴子峡の紅葉が見事です。私は夫婦で出かけたので一人旅プランの宿には泊まりませんでしたが、大小さまざまな宿があり、一人旅プランもある宿もあります。

www.frostmoonweb.com

鳴子温泉観光協会のHPに宿のリストがあります。

www.naruko.gr.jp

富山県 宇奈月温泉 延楽

富山地方鉄道・黒部峡谷鉄道の宇奈月温泉駅の周囲には10軒ほどの温泉旅館があります。この中の「延楽」という宿に2人で泊まりましたが、こちらの宿には1人旅プランがあります。宇奈月温泉の中ではお値段がやや高めの設定です。黒部峡谷鉄道の旅の前後にも便利です。宿泊記を書いていないので、公式サイトを貼っておきます。

www.enraku.com

宇奈月温泉の宿は宇奈月温泉の旅館組合のサイトに宿の掲載があります。

www.unazuki-onsen.com

私は黒部峡谷鉄道の旅の時に利用しています。

www.frostmoonweb.com

www.frostmoonweb.com

長野県 下諏訪温泉

最寄り駅は中央線の下諏訪駅で、徒歩5~10分程度の場所に温泉宿があります。私は2人で駅から徒歩10分くらいの場所にある「かめや」さんに泊まりました。「かめや」さんには1人旅プランはないのですが、下諏訪温泉には1人旅プランを提供している宿も何軒かあります。

shimosuwa.com

静岡県 伊豆古奈温泉 頼朝の湯本陣

こちらの宿は駅から歩くと20分くらいの場所にあるのですが、泊まった時には車で行ってしまったので、番外編に入れました。宿泊記を書いていないので、公式サイトを貼っておきます。1人で泊まりました。

www.y-honjin.com

最寄り駅は伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅です。伊豆長岡は駅前すぐには温泉街はないですが、駅から20分くらいの場所に温泉街が広がっていて、宿の数も多いです。

岐阜県 下呂温泉

高山本線の下呂駅の前に大きな温泉街が広がっているので、駅から徒歩圏内の宿も多くあります。私が行った時は駅から離れた宿に泊まってしまったので、車で送迎してもらいました。私が泊まったのは高台にある湯之島館。一人旅で泊まりました。

www.frostmoonweb.com

愛知県 湯谷温泉

夫婦で車で行ってしまいましたが、温泉街は駅前にあり、こちらの温泉にある宿の中には一人旅プランのある宿もあります。最寄り駅は飯田線の湯谷温泉駅です。

最寄り駅は湯谷温泉駅

駅から徒歩5分くらいの圏内に何軒かの温泉宿があります。ちょっと鄙びた温泉街という感じでした。一人旅プランがある宿もあります。

私が泊まったは「はづ木」という宿で、夫婦2人で泊まりましたが、1人で泊まれるブランもありました。

私が2人で泊まった宿

宿泊記を書いていないので、公式サイトを貼っておきます。

www.hazu.co.jp

最後に

私が鉄道で一人旅をするようになったのは2017年くらいから。フルタイムで働いていたので、最初は土日プラス有給休暇1日の週末プランで出かけていましたが、最近は週3日勤務に変えたので、平日に旅に出られるようになり、その分一人旅の宿の選択肢が増えた感じがします。これからも鉄道での温泉旅は続くので、駅から歩いて行ける宿に巡り合えばこちらの記事に追加して行こうと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村